続・おめでとう、俺は美少女に進化した。

作者 和久井 透夏

947

340人が評価しました

★で称える

レビューを書く

★★★ Excellent!!!

いっきに4xまで読んでからレビュー書いてるので、どこまでの話か飛びそうになりますが……
ドタバタってレベルじゃないですよ。生死? 貞操? 将来? いろいろかかってますから! 説明不足襲われ系主人公でしょうか。いろいろ属性持ちすぎて……(笑)
どうしてこんな展開か次々と思いつけるのか作者様に頭が下がります。
続編でもしっかり、周囲のハチャメチャな人たちは健在です。

★★★ Excellent!!!

(笑)←苦笑も含まれます。

転がり出したらもう止まらない。止められない。

ヒロイン♂の不運も、読むのも!

書籍版を読んだあとなので、登場人物たちもすっきり整理できて読めました。

続きが気になって仕方ないです。


すばるの可愛いの作り方が、職人レベルだと改めて思い知らされました。

★★★ Excellent!!!

書籍版の1巻がとても面白くてはまってしまい、2巻の発売が待ち切れずにネット版で続きを拝読しました。
カドカワBOOKSさん、お願いだから続刊出して!(>_<)
すばるの膝枕、優奈のお色気誘惑、新キャラ・鰍(中島かすみ)の鮮やかなる登場、そして、優司の色々と過程をすっ飛ばした決意……どれもこれも紙の本で読みたいですぅ……! イラストも見たいですぅ……!

はぁはぁ……。ちょっと深呼吸して落ち着こう……。

このおめ俺シリーズは、話が進めば進むほど、後戻りできないジェットコースターみたいに面白さが加速化していきます。すばるの人生も後戻りできなくなってきているけれど(笑)

もっともっと読みたい、早く次のエピソードを読まなきゃ……と病みつきになるほど、先の展開が気になります。おもに、すばるの人生のドロ沼ぐあいがどこまでいくのかが……(*^^*)

最後、すごく気になるところで終わってしまったので、引き続き次のシリーズ『続々おめ俺』を拝読したいと思います!

和久井さん、これからもがんばってください!

★★★ Excellent!!!

主人公もそれを取り巻く人々も懸命に生きていて、その懸命さがますます泥沼を呼んでいく様子が、じれったいけどやめられない。
もがけばもがくほど足をとられて引きずり込まれていく主人公にエールを送りつつ、その不幸に蜜の味を楽しんでしまう自分に、黒いものを感じる。
この終わりかたは反則だあ~!

★★★ Excellent!!!

相変わらず面白いです。
読者の予想の斜め上を行くストーリー展開は顕在どころか、前作よりレベルアップしている気さえします。
新キャラクターも登場し、その全員が抜群に個性的ですにゃん。

それにしても、こういう秘密を抱えた主人公のお話は、登場人物のうち、誰が主人公の何をどこまで知っているのかがごっちゃになってしまうことがあるのですが、この作品はそういった分かりづらさを感じることなくスラスラと読めてしまいます。

とにかく、物語の転がし方がとんでもなく上手い。
作者様は、間違いなく稀代のストーリーテラーです。

★★ Very Good!!

濃ゆいストーリーが、前作よりパワーアップしたように感じます。
読み出したら、やめられなくなりました。
社会的責任を放棄して読みました(笑)
成り行きとはいえ、すばるが前作よりも積極的にキャラを作って行動しているのが面白かったです。
”主人公”と”すばる”の差別化が進んできて、その落差が傍目には魅力的です。
本人は、堪ったもんじゃないだろうけど。
続編に期待しての、★二つです。

★★★ Excellent!!!

無印から全て読ませていただきました。女装による受難というのがなんとも心を擽りますね。主人公がお姉さん系というのがいい。女装だと、多くはショタ系からなの派生となり、私としてはイマイチなのですよね。なのでこの作品は「おっ、わかってる!」と思わず飛びついてしまいました。
対して。
女の子との絡みが少ないのが残念。女装主人公には女の子との疑似百合求める人も多いので、どう女の子と絡んでいくのかがこれから気になるところ。
カクヨムではまだ日が浅いですが、よろしくお願いします。

★★★ Excellent!!!

前作からのファンなのですが、
「こいつホント不憫な男だな……」
という思いが倍増しました。7割ぐらいはお前のせいだ、稲葉。
主人公は鰍ちゃんルート開拓しちゃうのかな?それとも一真さんと禁断の道を切り開いてしまうのかな?私、気になります!

作者さん、ツイッターでの実験がすぎますぜ……。

★★★ Excellent!!!

相変わらずテンポがよく面白い。
しかし印象としては続編に入ってからの方が状況としてはマイルドで、読んでいて安心感があります。トラブルに次ぐトラブルという感じだった前作よりも日常に近いと言いますか、新キャラたちも今までとは傾向が違ってとても好みです。
ただ稲葉くんのメンタル状況が不安。頑張れ稲葉くん。

★★ Very Good!!

サブキャラ的な女装主人公とサブキャラなのに主人公のような金持ちの親友が絡みだしてからの変態度がパァッないッス!!

変態に群がるのは、変態以外にありえるか?うん、ないな・・・いや、有り得るやも!?これは、常識人ぶる変態が女装で織り成す『え?ようは美人で女子力があればジェンダーフリーで何でもイケるんでしょ?はい、証明終了www』な物語である!!

※レビュー投稿者の個人的感想です。
(いや、マジ面白いって!まぁ呼んでみろって!前作から!!)
(ノ゚Д゚)ノシ)`Д゚ )ノベチベチベチ

★★★ Excellent!!!

前作からの一気読み。本当にオススメです。
萌え的にも面白さ的にも最高なのですが、
独自といえるのが何よりキャラクターの魅力だと思います。
こういったドタバタコメディにありがちなキャラの不快感が全くない。
大抵、ストーリーを動かす為に嫌なキャラクターがでてきたり
主人公が優柔不断であったり、レギュラーキャラにも嫌な役割を
背負わせる必要があったりするものですが、この作品のキャラは善良で
ノーストレスで読めて、にも関わらずものすごく面白い!
また、キャラやシチュも萌えますが、あざとさのない純粋な萌えで
その絶妙な采配がたまりません。
にっちもさっちもいかないジェットコースターっぷりも
健在どころかますますひどくなり、いつも目が離せません。
キャラやストーリー、文章等、すべてストレスフリーで
ただ面白さや萌えのみ純粋に楽しめます。
ジャンルで食わず嫌いしてる方はぜひ!

★★★ Excellent!!!

主人公は女装娘である。

ひょんな理由から女装コスプレにはまってしまった彼は、軽い気持ちで友人の偽恋人役を引き受けたことから次々と問題に問題を重ねていってしまう。

そんな今作の主人公、その魅力は「異常なまでの流されやすさと迂闊さ」、そして「女装へのとてつもない意気込み」であろう。

その流されやすさ、まさに
「そうめんみたいなもんだぜ!」
そうめん流しを流れるそうめんの如く主人公以上に濃すぎる登場人物の行動・言動に流されやすさ、事態を改善しようと思えば墓穴に墓穴を堀り、さらに事態を悪化させる。
その綱渡り具合は、見ていれば面白いのだが本人にしてみれば足を踏み外せば、社会的にも精神的にも肉体的にも死ぬのだから笑えない。
だがそれがいい。だがそれがいいのだ。

その発端となっているのは彼の女装であるのはまごう事なき事実だが、それでも主人公は女装をやめないのだ。
作者が女性であり、さらに女装娘好きだからか、美容関係・化粧・ファッションから、実在する女装娘さんをモチーフにした様々な主人公の女装への努力が、リアリティに記されている。そこらのただ女の子に最低限の男の要素を付け加えたような"男の娘"とは別ベクトルの"男の娘"なのである。

女装モノだからと見ないのは、間違いなく損であろう。そう断言できる面白さが、この小説にはあるのだ。

まぁとりあえず読んでみればわかる。沼にはまるという感覚が。だから読んで。ね?(威圧)

★★ Very Good!!

一気読みしてしまいましたね。面白いです。
モデルや兄いろんな顔をどのように使い分けしていくのか楽しみデス。
主人公が女性心理や男性心理をこれからのエピソードで気づいたり気付かされたりして成長する姿を見てみたいですね。
ハプニングなどで思わず「あ!俺おとこだったんだ」みたいなドタバタがあるともっと楽しめると思います。
続きを楽しみにしています。

★★★ Excellent!!!

前作に引き続き、とにかく作者の女装趣味というコンテンツの扱い方が上手い。『どうすれば読者が楽しめるか』を知り尽くしている。
作品の感想については、ネタバレ防止ならびに前回と重複するところあり省かせてもらうが、この泥沼劇がどこまで娯楽として進化するか楽しみたい。

★★★ Excellent!!!

はじめに
この物語はコメディ成分が多く含まれております。
前作を読まれた方はよくお分かりでしょうが、嘘に嘘を重ねがんじがらめになって泥沼に沈んでゆく・・・そんな物語です。
その沼に沈む過程がなんとも楽しく喜ばせてくれます。
詳細はご自分の目で確かめてください。