人の家の真田幸村

作者 おっぱな

69

26人が評価しました

★で称える

レビューを書く

★★★ Excellent!!!

難しい題材が「真田幸村」という例えを使って、短い話でまとめられています。この作品の感想を言うのは正直、難しい。
作中に出てくる問題は、いつの時代にも様々なところで存在していると思います。あなたはこの作品をどう解釈するでしょうか。読み終えた後に何を思うでしょうか

★★★ Excellent!!!

 読者それぞれの胸に何かが残るでしょう。どう受け止め、解釈するのかは様々だと思います。
 根深い問題も先人が作り上げてきた知恵だと思えるほどに成長した主人公。ではあなたはどう考えますか? 正解などありません。一人一人が、考えることに意味があると思います。

★★ Very Good!!

〝あれ〟を『真田幸村』とするそのセンスにまずもって感服いたしました。

私は『真田幸村』がいないことに劣等感を持っていた。その気持ちは家の匂いのように染み付いていて大人になっても振り払うことは難しい。
一方のよし子ちゃんは優越感を持つ反面、『真田幸村』への厭わしさを押さえつけられていたのかもしれない。
モチーフのトンデモ感だけでなく、考えさせられる話でした。

★★★ Excellent!!!

タイトルと小説概要から、「これはウケ狙いのギャグ物語かしら」などと、当然のように肩ひじ張らず、すぐに吹きだしてもいいような体勢で拝読いたしまいた。

読了後、爆笑するどころか、いつの間にか正座していた自分に気づきました。
タイトルと概要の間にあります、キャッチコピーを流して読んだことを大きく後悔いたしました。
ギャグ物語などと大変失礼な先入観を持って読もうとした自分を、往復ビンタしたい気持ちにとらわれました。

我が子に注ぐ、無償の母の愛。

読まれたかたによって、読了後に抱く想いはさまざまでありましょう。直接おうかがいできないのは残念ですが、可能であればレビューをお書きになり、未読のかたにお奨めになられたらいかがでしょうか。

★★★ Excellent!!!

 レビューするのが難しい小説で、自分の解釈には自信がないのですけど、どうしてもこの作品を紹介したくなりました。

「あなたにとって真田幸村とはなんですか?」
 読了後、私はそう問いかけられたような気がしました。
 人によって真田幸村が指すものはなにか変わるでしょう。
 ですが、たとえ同じものだとしても、人によって捉え方や価値や意味が違う。まさに、人それぞれ違うんだよ、ということが身に染みて伝わってくる、そんな作品でした。

 読み終えた直後、考えました。私にとって幸せとはなんのか。
 これからこの作品を読む人は、読み終えたあと、自分の幸せ、また誰かの幸せについて、深く考えさせられることになるでしょう。

★★★ Excellent!!!

タイトルで受ける印象と、読み終わった後の印象が大きく異なる、タイトルと中身のギャップが重みとなってのしかかってくる作品です。

この世界には、真田幸村が大量に存在します。一人の個人が大量に存在?
当然そんなことは起こりえません。作中では真田幸村のDNA鑑定も行われています。

真田幸村。この世界では、これは人名ではありません。ある言葉の代用でしかありません。

それが何か考えながら読み進めていくことで、その正体が徐々に明らかになっていきます。

その正体と、真実を知ったときの重み。それを最後まで読んで味わってみてください。