マナー侍

にぽっくめいきんぐ

侍はマナーを嗜む

 都内某所、日が落ちてしばし経った頃。

「はじめまして、よろしくお願いします」 

 背広の男が、別の背広の男に声をかけた。

「よろしくお願いします」

 声をかけられた方の男はそう言って、胸ポケットをまさぐった。革製の名刺入れが出て来た。男は名刺入れを開けると、

「あれ?」

 そう言って焦りだした。

「あの、すみません。名刺を切らしてしまっているようで」

「大丈夫ですよ。では私の名刺だけでも」

「申し訳ありません。頂戴致します」

 そう言って男はおじぎをし、両手を差し出した。が、その時。

「しばし待たれい!」

 どこからか、制止の声が聞こえて来た。

「はい?」

 振り返るとそこには、侍がいた。幕末志士のような出で立ちをしている。侍は、スーツ姿の二人の方へ走ってきた。

「名刺を切らすとは何事じゃ!」

 そう叫んで、一方の男を、刀でバッサリと切り捨てた。

「成敗!」 

 切られて倒れるスーツ姿の男性。あっけに取られる、もう一方のスーツ姿の男性。

「油断は禁物ぜよ」

 そう言い残して、侍は去って行った。


     ◆


 都内某所、夕の刻。

「あの、申し訳ありません。名刺を自社に忘れて来てしまったようで」

「では、こちらが私の名刺ですので、後でメールお願いしますね」

「待たれい!」

 再び、侍が小走りで走り寄った。

「武士にあるまじき行為、許せん!」

 やはり、一方の男を、バッサリと切り捨てた。

「成敗!」 

 切られて倒れるスーツ姿の男性。あっけに取られる、もう一方のスーツ姿の男性。

「貴殿らにとって、名刺は魂であろう!」

 そう言い残して、侍は去って行った。


     ◆

 

 夜の都内。

 某社の部長と、某社の一般社員とが、名刺交換をしていた。

 すると、侍だ。 

「目上の者へ先に献上すべし!」

 一般社員をバッサリと切り捨てた。

「成敗!」 

 切られて倒れるスーツ姿の一般社員。あっけに取られる、もう一方のスーツ姿の部長。

「上下関係は命より重きものぞ」

 そう言い残して、侍は去って行った。

 

     ◆


「はじめまして。私、こういう者です」

「宜しくお願いします。エフ商事の田中さんですね?」

「え?あっ!たけな」

 侍。 

「何を血迷うたか!」

 エム株式会社の竹中をバッサリと切り捨てた。

「成敗!」 

 切られて倒れるスーツ姿の竹中。あっけに取られる、もう一方のスーツ姿の男性。

「頂いた名刺は別のポッケに収納せよ」

 そう言い残して、侍は去って行った。

 

     ◆


「ちょっとそこの君」

 後ろから、やや低い声が響いた。

 振り返ると、警官が二人立っていた。

「なんでござるか?」  

「君だよね。異業種交流会にちらほら現れる、侍ってのは」と警官A。

「異業種ったって、さすがに侍はちょっと」と警官B。

 警官二人は侍にそそくさと近寄ると、侍の両腕を押さえ込んだ。

「だめだよ君。マナーは大事だけど、それ以前に、法律を守ってもらわきゃ」と警官A。

「真剣じゃなくたって、人は怪我する恐れもあるんだよ」と警官B。侍の右手に握られたおもちゃの刀を取り上げた。 

「拙者は真剣でござる」

「いや、刀の話ね」と警官B。

「身元確認させてもらうよ。君、名前は?」

「名乗る程の者ではござらん」

「あれま。名刺出す以前のマナー違反だね」

 警官達に連れられ、侍は去って行った。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます

マナー侍 にぽっくめいきんぐ @nipockmaking

★で称える ヘルプ

この小説が面白かったら★をつけてください。おすすめレビューも書けます。

カクヨムを、もっと楽しもう

この小説のおすすめレビューを見る

この小説のタグ