機動哲学先生(モビル・ティーチャー)カントム

作者 にぽっくめいきんぐ

18

7人が評価しました

★で称える

レビューを書く

★★★ Excellent!!!

 タイトルの通り、あのあまりにも有名なロボット物のパロディー作品で、確かにパロディーには間違いないのですが、何をどうしたのか「哲学」という(恐らくは混ぜてはいけない)要素を混ぜたせいで、繰り出されるギャグの数々がどれも予想外の方向へと暴走して宇宙を駆けていくという、とんでもない作品。
 哲学ネタを全て「小難しい」「面倒くさい」で片づけるモラウ・ボウこそ実は正しいのだろうと思いつつ、しかし混ぜてはいけないものをうまく混ぜるとこうも面白いのか、と感服。カントムが「我は先生」と宣言する場面に感動していいのかどうか、迷ってしまうのが困りものでしたが。お見事。

★★★ Excellent!!!

「なんだこれは……なんだこれは……」

この小説を発見したときのわたしの第一声がそれでした。
有名ロボットアニメのパロディを軸に、生モノに片足突っ込んだようなネタと哲学系の教養を搭載。それでいて文章のノリはライト。それぞれの要素が渾然一体となって独特のおかしみを醸し出しています。

頭のいい人が全力で遊ぶとトンでもない作品が出来上がる、という好例でしょう。