二年生(おまけ)

【おまけ(その夜の消灯後、寝転がりながら)】


「そういえばさ、どうすんの」

「何が」

「いやほら、前から手でやったり口でやったりしてたけど、そろそろマジでやる? 隆生が男役っつったら、女役俺でさ」

「えっ」

「えっ」

「……いや……それはお前が厳しいと思うから……」

「厳しい?」

「たぶんマジでやっちゃったら、由太普通に次の日部活行けなくなると思う……から。とりあえずまだそんなつもりはなくて」

「ふーん? でもそしたら三年までずっとできないじゃん。俺一年中部活あるよ」

「いやだから、部活が休みのときとか……。その、お盆休みとか、正月休みとかあれば、って」

「……なるほど」

「いや、当たり前だけど個人差あるから、実際わかんないけど。でも、たぶん、最初はそんだけハードだと思うし、色々準備しないといけないし」

「ああ、なんかきれいにしたり馴らしたりとかしないといけないんだっけ」

「…………」

「え、そこ、布団に潜り込むとこなの?」

「おまえさあ……」

「なんだよ」

「……いや、何でもない」


(終)

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます

STAR 道半駒子 @comma05

★で称える ヘルプ

この小説が面白かったら★をつけてください。おすすめレビューも書けます。

カクヨムを、もっと楽しもう

この小説のおすすめレビューを見る

この小説のタグ