私はステーキが苦手である

作者 道半駒子