あるアニメ製作スタジオの終焉について

作者 高栖匡躬

事実は小説よりも奇なり

  • ★★★ Excellent!!!

アニメ自体にはあまり興味がなかったが、アニメ制作の裏側は非常に興味深い。

話を読み進めるうちに、ひとつひとつのエピソードに対してのさらなる興味が湧いてくる。

登場人物の人となりなど、その人についてもっと深く知りたくなってくる。

ノンフィクションだけに、作ったものでは恐らく感じることのない重みを感じる。

何より、淡々と綴られる文を読み進めると、脳内で映像として流れ出すのが、このエッセイの魅力だと感じる。

続きがとても楽しみ。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

その他のおすすめレビュー

@minosuke0803さんの他のおすすめレビュー 5