あるアニメ製作スタジオの終焉について

作者 高栖匡躬

歴史というにはまだ新しい

  • ★★★ Excellent!!!

まるで市販されている本を読んでいる気がしました。落ち着いた文章、関係者への心配り、読者への配慮など、第三者としての立場を貫こうとする筆者をご尊敬いたします。私も遠縁にアニメ関係の仕事(監督兼プロデューサー)をしている者がいますので、テーマとしてもとても興味深く読まさせていただいています。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

その他のおすすめレビュー

イブスキーさんの他のおすすめレビュー 27