カクヨムびっくりぽんや!

作者 和久井 透夏

赤裸々に語られるテクニックの数々

  • ★★ Very Good!!

叩かれるのを覚悟の上で、自分の手の内をここまで晒している方も珍しいでしょう。大変、参考になりました。時々「本物ならテクニックなど必要ない」とか「良い作品なら自然と評価される」とか甘々なことを言う方がいますが。世の中キレイ事ではない。結局、どんな手を使っても上にいったヤツが勝つのだ。たしかに天才はいる。しかし努力して上にいく秀才タイプの作家もいるのだ。天才は感性だけで書いてるから一発屋で終わる。秀才タイプは分析と努力で書くから、どんなジャンルの作品でも書ける。このエッセイでは新着パワーが絶大であることを、改めて教えてくれました。勉強になりました。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

その他のおすすめレビュー

舞海苔茶さんの他のおすすめレビュー 350