だんじょん村の止まり木亭 -Start Line-

作者 ベネ・水代

優しい心持った4人の仲間が――ともにスタートラインに立つ物語!

  • ★★★ Excellent!!!

『これぞ王道ハイファンタジー。優しい気持ちになれる、剣と魔法の冒険物語。』

『キャッチコピー』に書かれた通り、王道のファンタジーで全体を通して丁寧に書かれ、きれいにまとまった作品です。4人の駆け出し冒険者と、先輩冒険者のキャラがしっかりと立っていて、それぞれに見せ場あるものもよく、そのバランスもとれています。

物語のリーダビリティを担う『謎』を秘めたアトリも、ただ大人しく、引っ込み思案というわけではなく、その胸に秘めた強い決意が、物語を通して伝わってきました。

パーティを組んだ4人+1人の全員が互いを思いやり、互いを信じようというする姿勢は、『優しい気持ちになれる』と書かれた通り、読み終わった後に心地よい読後感をもたらしてくれます。

どこか童話のような雰囲気を感じさせる優しいファンタジー小説は、読者層に関係なく、広く受け入れられる物語だと感じました。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

その他のおすすめレビュー

七瀬夏扉@ななせなつひさんの他のおすすめレビュー 149