だんじょん村の止まり木亭 -Start Line-

作者 ベネ・水代

51

20人が評価しました

★で称える

レビューを書く

★★★ Excellent!!!

 優しいとは書きましたが、全てが優しいわけではありません。
 ここは剣と魔法の世界。冒険者たちの繰り広げる舞台です。
 魅力的に描かれる主人公たちがこの世界を美しく照らしてくれています。

 そして冒険は「易しい」ものではなく、「厳しく」主人公たちに選択を迫ります。

「優しさ」は全体的な文体とストーリー展開の美しさにあります。

 最後の選択まで読み続けることをお勧めします。

★★★ Excellent!!!

子供の頃に憧れたファンタジーの世界。でも作者という存在は色々な事を経験して、影響されて、大人になっていざ物語を書いてみれば、多少の歪みが入ってしまうものです。でもこの小説は違います。大切な事を思い出させてくれる。若いころに抱いた感情、喜怒哀楽。それらを優しい言葉で読み聞かせてくれる。決してご都合主義ではなく、だからこそキャラクターに感情移入ができる。今の私には、決して書けない見本のようなファンタジー。心が荒んでいると感じた時、読んでみてはいかがでしょう? きっと貴方も、初心に返って物事を考えられる筈です。

★★★ Excellent!!!

古き良きファンタジー世界で、若葉マークの冒険者4人がキノコ刈りの依頼を受けるところから物語は始まります。
しかしキノコが生えているダンジョンのなかで思わぬ事件に巻き込まれ――!

登場人物のキャラが立っていて、4人の冒険者の会話を読んでいると、「自分もこの世界に行きたい!」と思えてきます。
またストーリーもきちんと筋道立てて書かれていて、登場人物たちの友情や過去がバランス良く読めるので、読んでいて飽きません。伏線の回収もきちんとしていて、小説として良くできてます。

フォーチュン・クエストのような心温まる古き良きファンタジーかと思いきや、登場人物の一人がとある現代的なカテゴリーに属しているキャラだったりして、「古き良き」と「現代性」をうまく融合させているなあと感心してしまいました。

過激さだけがファンタジーじゃない!これはすべての年代の人に自信を持ってオススメできる上質のファンタジー小説です!

★★★ Excellent!!!

剣と魔法、迷宮と酒場。尻尾とケモ耳。
冒険とミステリー、誇りと義務。友情と成長。そしてケモ耳。

見えるもの、見えないもの、すべてのものが確かな質感で
描かれたファンタジー。とても読み応えがあります。

なにより、全ての登場人物が、生き生きとした感情を持っていること。
その深さ、豊かさが、そのままこの物語の手ごたえを確かなものにしてくれます。

万人におススメのハイファンタジー。