異世界取材記 ~ライトノベルができるまで~

作者 田口 仙年堂

「作家」を「ネタ」にした「ライトノベル」

  • ★★★ Excellent!!!

長文失礼します。
現在21話まで読んだ感想です。

独自の世界観を書き上げるために「作家」という職業を「ネタ」として使用した異色作。
読者が冒頭で飽きないよう、世界観などの説明を何かに例えることで極力省き、違いや魅力について文字量を割いている印象を受けました。

話が進むうちに強烈な世界観がじわじわと分かってきますが、主人公は一変して変わらないところが妙に安心する。(笑)。

ちなみに、著者はプロのライトノベル作家です。
私は当初、気付かずに読んでましたが、どこか惹き付けられるものがあり21話まで読み進めました。
そのあと調べて発覚、という形です。
話のテンポや分かりやすさ、キャラの印象付け、キャラの限定による会話やりとりの明確化……プロの作家とは凄いものですね。
色々失礼なレビューを書いてしまい申し訳ない限りです。
オススメのノベル、次の更新が楽しみな作品です。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

その他のおすすめレビュー

梅田 つばめさんの他のおすすめレビュー 8