コード・スキャナーズ

作者 真野てん

ノベル0って、こんな感じなのかも知れない

  • ★★★ Excellent!!!

 これは、きっとこの世界とは違うどこか別の世界の話なのかもしれない。そこには、『魔法使い』という存在があった。人とは違う世界を『知覚』する彼らを人間は厭い、その代償として大きな『呪い』を被ってしまう。
 呪いの代償は、短期記憶の欠落。記憶する能力を失った人間は『魔法使いサクラ』の作った『メメント・システム』によって辛うじて記憶する能力を保持することに成功する。
 そして、舞台は九龍城へ。
 世界の魔窟と言われたこの場所で、医師であるハザマは『魔法使いサクラ』の謎と、『メメント・システム』を巡る陰謀に巻き込まれていくことになる。


 読んだ感想として最近KADOKAWAから出版された『ノベル0』は、こんな感じではないだろうかという雑感を覚えました。『萌え』も『異世界』も『ハーレム』もなく、あるのは『燃え』と『ハードボイルド』と『漢たちの世界』。
 雰囲気で言うと、ニトロプラスや虚淵玄さんの作品に近いです。
 舞台からしてホワホワとしたライトなファンタジー世界ではなく、マフィアがゴロゴロしてる九龍城という渋さです。
 出てくるヒロイン『サクラ』さんも、廓言葉が堪能な遊女さん。
 もう、異世界飽きた。萌はいらない。
 とにかく『熱い」何かが欲しい。
 そんな方に是非ともおすすめしたい作品です。

 
 

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

その他のおすすめレビュー

★★★ Excellent!!!

作品を書いて投稿する以上、どんなにレビューでベタ褒めしても内心は「でもオレの方が面白い!」と思っているものではないだろうか。
ましてや自分の作品より読んで欲しいと思ってしまうほど惚れ込む他人の作品な… 続きを読む

★★★ Excellent!!!

本作の魅力は、何と言ってもその世界観とリアリティのあるキャラクター、そしてまるで自分がその場にいるかのような情景描写の素晴らしさにある。
泥臭くて、素晴らしくきらびやかな作品。
硬質なファンタジーを… 続きを読む

猫目 青さんの他のおすすめレビュー 390