愛原そよぎのなやみごと

作者 雪瀬ひうろ

282

110人が評価しました

★で称える

レビューを書く

ユーザー登録(無料)をして作者を応援しよう! 登録済の方はログインしてください。

さんがに★で称えました

さんがに★で称えました

さんがに★で称えました

さんがに★で称えました

さんがに★で称えました

さんがに★で称えました

さんがに★で称えました

さんがに★で称えました

★★★ Excellent!!!

――

 緻密な構成と、幾重にも張られた伏線が実に見事な傑作です。
 そして何よりも、従来の魔法少女物とは一味違う、新たなる魔法少女物を築き上げています。こんな魔法少女物は読んだ事がありません。とても斬新です。

 未体験の世界を求める貴方は是非どうぞ!
 非常に卓抜した名作です。きっと後悔する事はないでしょう!
 
 

★★★ Excellent!!!

――

拝見させて頂きました。

バトルヒロインもののお約束をうまく使い、アクションシーンを描かずクスリとくるコメディに仕上げた前半パート。そして物語がある程度続き、『このまま最後までいくのかな……?』と思ったとき、大きなどんでん返しが待っています。なるほど、やられました。

コメディ部分のトーク、台詞回しが軽妙でいいですね。このあたりの呼吸はなかなか難しいもので、するするっと夏場のそうめんのように軽く呑みこめるのに、ピリッとした薬味の味も利いている。

キャラクターの埋没しにくい個性、キャラクターの濃さも楽しい。ついつい釣られるように、最後まで通読してしまいました。今後の展開も、期待しております。

さんがに★で称えました

さんがに★で称えました

さんがに★で称えました

さんがに★で称えました

さんがに★で称えました

さんがに★で称えました

さんがに★で称えました

さんがに★で称えました

さんがに★で称えました

さんがに★で称えました

さんがに★で称えました

さんがに★で称えました

さんがに★で称えました

さんがに★で称えました

さんがに★で称えました

さんがに★で称えました

さんがに★で称えました

さんがに★で称えました

さんがに★で称えました

★★ Very Good!!

――

「会話はセンス、他人が教えることはできない」
そう巷で言われるほど、会話劇というのは、その作家さんのリズムと引き出しが測られるものです。
本作を拝読し、そのことを改めて深く感じました。
この切り返し、鋭さは、天性のものだと思います。
ネタといい、また連作短編としてのオチまでの構成といい、他の人にもオススメしやすい作品だと思います!

もし編集として手を加えるなら、前述の通り宝物のような会話のセンスをすでにお持ちですので、あとは長編にした時の構成、でしょうか……?

★★★ Excellent!!!

――

長い小説は、特にwebで無料となると面白くなってくるところまで我慢して読み進められずに挫折してしまいがちですが、本作は冒頭からずっと面白いのでついついスルスルと読まされてしまいます。まずは一話を読んでみましょう。そのあとは、きっとスルスルと読み進めてしまっている自分に気が付くことになるはずです。

さんがに★で称えました

★★★ Excellent!!!

――

まだ二話ぐらいしか読めてませんが、ヒロインがアホ可愛いですハイ。近々、『魔法少女』ものなどをやろうと思っていたので、参考になりました。

引き続き頑張ってください。さて、続きを読もうか。

追記(4/11)
主人公の幸助とヒロインのそよぎとの言葉の掛け合いが、これぞ王道って感じで、私にはしっくりと来た。地の文でのツッコミもくすりと笑いを誘い、また良いです。最初はそよぎの「相談」を軸に話が進んでいくのですが、徐々に新たなキャラクターたちも加わって一層和やかになります。ここまでは「まあ、あるあるかなぁ」と思っていたのですが、後半で明かされる「事実」に、私はおお、と驚かされました。基本的に前半の話は、それがキーとなって動いていたのですが…ネタバレになるのでここまで。続きは実際に読んでからに。





さんがに★で称えました

さんがに★で称えました

さんがに★で称えました

さんがに★で称えました

★★★ Excellent!!!

――

毎回一行目のセリフが様式美の世界に入っていて、かつ、斜め上。
これだけでもう話の半分は持っていっちゃってる。
そのあとに続く、ズレてるのに真面目な掛け合いがまたツボ。

毎回この一行目ネタを考える作者のことを思うとまた面白いのである。

さんがに★で称えました