カクヨムコンテスト短編賞応募作品「空の色」、完結しました。短いながらお付き合いいただき、ありがとうございました。


 前の近況ノートにも書きましたが、高村光太郎の詩集「智恵子抄」の一編『あどけない話』が作品の題材です。序章の冒頭と終章のラストは特に、詩の内容を意識しました。
 元々長編の新作を考えていたのですが、最初のほうに解決すべき問題が提示されるわかりやすい話を、と思っていたところ高村光太郎の詩が頭に浮かびまして、じゃあそれにしようと思い立ったのがはじまり。それを一万字以内の短編に仕立て直しました。
 一応これで完結なのですが、書き足したくなったので一をあとで修正します。


 ・空の呪い
 『あどけない話』の冒頭二行が頭に浮かんだ瞬間、「呪いによって空の色がなくなってしまった世界」という設定が決定しました。ただしそのときは国か世界そのものが呪われた設定でして、でもそうすると詩の冒頭と合わなくなるので、都とその周辺だけが呪われていることに。ごめんサラさん、優れた魔女設定なのに、なんかしょぼくなってしまった……。

 ・シビル
 長編版での主人公の予定でして、短編では出さないほうがいいかと思ったのですが、設定の導入や終章に必要かとも思い、登場させることに。言葉が少々きつくなることはあるものの、根はいい子です。

 ・ナタン
 高村光太郎がモデルなので、彼が欧米諸国を放浪して美術の見識と技術を磨いたことや、彫刻と絵画両方の作品を残していること、愛妻家だったこと、作品に悪戯した人を自分でシメたことなど、高村光太郎の逸話から設定を決めました。十三年前とか三年前というのも、高村光太郎の生涯からです。

 ・魔女&王
 完璧オリジナルの人たち。空の呪いの理由を、ナタンと奥方に対応した愛にしようと考えた結果、安直な方向に。でもあんまり複雑な設定は、脳みその容量的にも字数的にも無理……。


 設定としては、こんな感じです。

1件のコメント

  • 星霄華さま。
    ご助言いただいたのに返信が遅れて、大変申し訳なく思っております。無礼をどうか、お許しください。

    そうですね。タイトルの頭に『企画参加作品』と付けて貰えばいいかなぁ、とか考えています。

    登場人物一覧や世界観、用語集については、それをつけることの技術や、皆さんがどのように創作を固めていくのかを勉強させていただきたいので、エピソードのページだけ作成していただき、公開したくない方には“非公開”とだけ記載していただくよう、お願いしたいと考えています。
    そんなこんなで、まだ悩みつつ、いろいろ模索してます。

    決まったら、また近況ノートで、お知らせいたしますね。

    年末で、お忙しいとは思いますが、どうか ご自愛くださいね。

コメントの投稿にはユーザー登録(無料)が必要です。もしくは、ログイン