構想から半年、書き始めてからも1ヶ月半、自分で思っていたよりも長く、バヤズィットやタフマースブとお付き合いしてきましたが本日(トルコ時間)、完結しました!

応援して下さった皆さま、ここを見てくださった皆さま、ありがとうございます。

8月10日から19日までトルコに旅行するので、それまでに仕上げねば間延びする、と思ったりしたのですが、逆にトルコで書けばいいや、と開き直り、最終話をトルコで仕上げました。今もイスタンブルのカフェです。

残念ながらバヤズィットの霊廟はイスタンブルにはないのですが、今日はイブラヒム・パシャ邸(トルコ・イスラーム美術博物館)で、皆様の感想やレビューを読みながら感慨に耽っておりました。イブラヒム・パシャ邸、本編中、懐かしい、帰りたい場所としてバヤズィットが回想しているのですが、豪邸でありながら、どこかほっとする空間だと改めて思いました。

博物館としても面白いところなので、私はイスタンブルに行ったらいつも訪れます。そして長居します(笑)

で、思い出したのですが、この話に出てくるバヤズィットの従姉、つまりイブラヒム・パシャの娘ですが、某スルタンあるいはフラネ・スルタンという名で知られることもある女系の王族です。ただ、生没年やどういう人生を送ったのかはよくわかりません。

彼女とその両親、兄(メフメト・シャー)の話の方を実は先に書き掛けていたのですが、思いっきり途中です。

あと、バヤズィットの叔母(ハディージェ)や弟(ジハンギル)が自殺したとしておりますが、これも「そういう説がある」レベルの話です。

あとがきに追記しようかと思ったのですが、旅テンションなことも書きたかったのでこちらに(笑)

本当にありがとうございました。

しばらく感慨に耽っていると思いますが、この旅で得たことも創作の糧にできたら、と思います。

今後ともどうぞよろしくお願いします。

5件のコメント

  •  トルコで書けばいいや⁉ す、すごい(あ、でもおかえりなさい)。

     実は、崩紫さんのこの新作ものすごい気になってて・・・でもタイトル見ただけで泣けてきて、読みたいけど怖くて手が出せない・・・みたいな。  

     でもチラっと覗いてみたら大丈夫そうな雰囲気だったので、落ち着いたらぜひ!と思っています◎

     今は、自分もやりたいことができたり、フォローしたのに読めてない作品もあるしで、とりあえず、ある程度それをやってから新しいことをしようかなと・・・そんな感じです(^-^;

  • 月河さま


    こんにちは~!

    そうなんです、トルコで書けばいいや(笑)
    予定では行くまでに完成させて、次のネタ探しに行こうかなと思っていたのですが、『バヤズィット』の最終話を仕上げることになりましたが、それはそれでよかったです。

    私が書いた中では、一番現代ドラマな感じの話になりました。一見特殊な状況なんですが、中身が「生と死」とか「他者との関わり」とか普通の現代人な内容なので……。結局残酷描写みたいなのはなく、臨床心理っぽい話が結構入りました。またお時間のあるときにどうぞ~。

  • 崩紫サロメさま。
    こんばんは。早瀬翠風と申します。
    この度は『あき』に大変なご評価をいただきまして、ありがとうございました。
    あまりのことに、ふらふらと天をさ迷うほど舞い上がっております。
    さて。そんなご評価を賜りましたのに、崩紫さまにお詫び申し上げなければなりません。
    実は、参加しておりました企画への参加を取り下げました。
    といいますのも、崩紫さまがくださったレビューから『あき』は参加条件を満たしていないのではないかと考えたからです。企画ページ、企画主さまのノートを確認しましたところ、注意点が追加されておりまして、己の解釈の間違いに気づいた次第。情けないことです。

    もし、この事で崩紫さまの評価が変わりましても致し方ないと考えております。
    ただ、とても嬉しかったこと、企画を取り下げた事実、この二点はお伝えするべきだと思い図々しくお邪魔してしまいました。

    本当にありがとうございました。

  • 早瀬さま

    ええええ!?
    そのようなことが!?

    実は私、「歴史…」部門のランキング1位に上がっているのを見て読みに行き、非常に鮮明な印象を受け、そのあと企画の方をざっと見て、「そんな厳しい条件で書いておられたのか…」と驚いたので、厳密に条件に合致しているか、一点一点検証しておりませんでした。その点、申し訳ございませんでした。

    しかし私が面白いと思ったのは内容であり、企画の条件を厳密に満たしているかどうかではないので(正直セリフなしだけですごいと思いますので)、レビューの方の細かい部分は削っておきます。

    短編として素晴らしく、多くの方に読んで頂けたら、と思った次第です。結果としてご迷惑をお掛けしてしまったとしたら、申し訳ございませんでしたm(._.)m

  • 崩紫さま。こんばんは。

    迷惑だなんて、そんなことはありません。
    むしろ、気づかせていただけて感謝しております。
    そのうえ、またもや嬉しいお言葉が……
    ありがとうございます。
    こちらこそ、お手数をお掛けしまして申し訳ありませんでした。

コメントの投稿にはユーザー登録(無料)が必要です。もしくは、ログイン