カクヨムを初めてまだ短いですが、オスマン帝国・サファヴィー朝ものを4作投稿し、想像以上に多くの方に読んでいただけ、うれしさをかみしめています。

応援、コメント、レビューを下さった方々、本当にありがとうございます。
自分の作品に対して、こうしたリアクションを頂けることは本当に嬉しいですね。私も、積極的に他の方々の作品を読み、思いを伝えていこうと思います。

さて、多分ここでは「オスマン帝国の人」と思われているかもしれませんが(笑)、実は、もともとの専門が上海共同租界史です。

よって(?)、以前書いた、上海共同租界ものをアップしていこうと思います。と言っても、書き上がっているのは1作だけです。

『ジャーナリストの本分~申報館記者日誌』

実は、卒論で扱った「申報館」という新聞社を舞台としています。
漢文書きの、イギリス国籍のユダヤ人新聞記者と、亡命者の友情(BLじゃないよ)です。

主人公は創作ですが、イギリス国籍のユダヤ人で漢文書きは上海に結構います。

全8話+あとがきで、一応できているのですが、
サブタイトルがついてないところがあったり、行間を調整したり、そういうのがあるので、何回かに分けて投稿しようと思います。

実はもう一つ、話だけはできているれど書けていない
『無国籍者の言い分』(タイトル変わるかもしれませんが)
というのがあります。

オスマン帝国の滅亡に伴い、無国籍になってしまった上海のユダヤ人(元オスマン帝国臣民)の話です。こちらは実在の民間人で、私の修論の脇役として登場した人の話です。

ただ、より現実に近い話(しかも20世紀の民間人)なので、ちょっと難しいところもあり、どうしようか思っています。

ただ、タグに「歴史」「上海」「オスマン帝国」と並ぶ光景は自分でも見てみたい気がします(笑)

とりあえず、申報館のお話、おつきあいくださいませ<(_ _)>

5件のコメント

  • 興味深いテーマですね。拝読しています。

  • 吾妻さま

    読んで頂けて嬉しいです!
    あの、どこで言おうかと思っていたのですが、私も、張國榮の大ファンでした。今もずっと好きです。特に『さらば我が愛~覇王別姫』は忘れられません。

  • 白河さま

    こちらにもありがとうございます~!
    この無国籍者、一応実在の人物なのですが、有名人でもなく、史料ほんのちょっとで、創作したい放題!と一瞬喜んだのですが(笑)、近現代なだけに、わかっていない部分をどう創作したら不自然にならないか、真面目に考えると難しく。

    いつになるかわかりませんが、お付き合い頂けると嬉しいです。
    (イブラヒムの末路も)

    『県知事様はライトノベルを書きたい』のあとがきで出てきた(いや、本編にも出てきたのですが)スレイマン様の妹とイブラヒムの話なども、結構な数の断片があるのですが、なかなかまとまったものになりません。というか、私にとってのあとがきのポジションは一体(笑)

  • サロメさま、(←なんか、すごくカッコイイ……♡)

    ずっと以前に完結済みの作品たちのお星さまが増えている! しかも「0null8acht/15fünfzehn」にはレビューコメントまで……と今更ながらに気がつきました。大変うれしいです、ありがとうございます。ドイツ留学中の「平和の祈り」のくだりは、信心深い方らしいコメントだなあ、と感心しました。

    ちなみに、「古(いにしえ)は、高月と書す」は第2弾もありますので、お時間のよろしい時にまたお立ち寄り頂ければ嬉しいです。


    本日、「県知事はライトノベルを書きたい」を読み始めました。スレイマン1世については「ターバンがスゴイ人」という変な覚え方をしているので、もう少し勉強しますね(汗)

    今後もどうぞよろしくお願い致します。

  • 由海さま

    コメントありがとうございます!

    サロメさまは私がクリスチャンネームを頂いた聖人さまで、洗礼者ヨハネの首を刎ねさせた王女サロメとは別人です、善良な方です。福音書本文に出てくるのに割と知られていないマイナー聖人ですが(笑)

    由海さまの文章、まだ少ししか読んでませんが、簡潔でスパイシーで憧れます…!いろいろ読ませて頂きます!

    そう、すごいターバンのスレイマン1世です(笑)キリスト教徒の身でイスラーム法学のラノベとか書いてて大丈夫かなーと思いますが、あのノリの神学系ディスカッション小説はまた書こうかと思っています。

    どうぞよろしくお願いします!

コメントの投稿にはユーザー登録(無料)が必要です。もしくは、ログイン