書きためていたものを全部出してしまったので、しばらく、新作の準備をしつつ、読む&書く(レビューやコメントを)を中心にしようかと思っています。

需要があるのかわかりませんが、雑談用に、ページを作ってみました。

ご自由にお使い下さい。

24件のコメント

  • はじめまして、帆乃風総侍です。
    この度は、わたしの作品をフォロー頂きまして、ありがとうございます。
    つらつらと近況ノートを拝見させて頂きますと、現代短歌をされていたそうな。それでなのかなぁと思ったのですが、わたしの作品の短歌、古語なのです・・・。
    わたし自信も、現代短歌は『サラダ記念日』を読んだくらいで。それでもよろしければ、どうぞお付き合い下さいませ。

    オスマン帝国霊廟巡り、いいですね。わたしもトルコに行ってみたいです。実はと言いますれば、カッパドキアに行ってみたいのです。古代キリスト教の隠れ修道院と言われていますが、真実はどういった物かと。

    中世から近代の西アジアの自由な雰囲気、とても好きです。ロシアの南方政策に押しやられながらの遊牧生活、とても興味があります。ちょくちょくと拝見させていただきます。その際は、勉強不足の至らない質問やコメントをすると思いますが、どうぞよろしくお願いします。

  • 帆乃風総侍さま

    お越し頂き、ありがとうございます~!
    そうなのです、気になって作品をフォローさせて頂きました。

    私も元々は古典和歌を読む方だったのですが、高校生くらいから「短歌って自分で作れるものなのか!」と目覚め、現代短歌を作るようになりましたが、読む方は古い時代のが多いです。元々は万葉集からなので。

    カッパドキア、行ってみたいです~!体力がないので、イスタンブル周辺をうろうろしています。私はギリシア正教徒なので、カッパドキアの教会とかは、「同胞たちの祈りの場」としてよく写真をみせてもらいます。知り合いの神父さん、カッパドキアに行って衝撃を受けてギリシア正教に改宗した、と聞きました。そんなにすごいの!?歴史学の友人から調査状況とか聞きましたが、未発掘のところがたくさんあるとか。ワクワクします。

    私は都会(というか、帝都)のムスリムばかり書いていて、遊牧(『乙嫁語り』みたいな世界)とはかなり違うのですが、もしよろしければお付き合い下さい♪

  • 二星さん

    いつも、素敵なコメントありがとうございます!
    そして、レビュー本文も!
    本当力付けられます。

    「ハコニワ」を少しずつ読んでいて、すごい…と思いながら、うまく言い表す言葉が出てこなかったのですが、この度、思い切って書かせて頂きました。何か皆様、レビューレベルが高い(笑)

    今後とも、よろしくお願いします!

  • サロメさん、こんにちは(*^^*)aoiaoiでございます♪

    この度は、『しろぎつね』『スマホの音声アシスタント』をお読みいただき、応援コメントと☆、素敵なレビューをありがとうございます!(*^^*)
    応援コメントのお返事にも書かせていただきましたが、毛色の変わったものを取り扱っております(笑)俳句エッセイ、昔話等の他、個人的にBL風味は大好物で(^_^;)…楽しんでいただけて、とっても嬉しいです!

    今後もこんな感じでいろいろ書き散らかしていきたいと思っております(笑)どうぞよろしくお付き合いくださいませ♪( ´▽`)!

  • aoiaoiさま

    ご訪問ありがとうございます!
    いやあ、全然作風の違う作品を読ませて頂き、その力量に驚きました。
    まだまだ気になる作品がたくさんあり、フォローさせて頂きました。

    今後とも、どうぞよろしくお願いします!

  • 白河さん

    わあい、企画だ!
    改めて、レビュー本文ありがとうございます!
    自分の創作キャラ(歴史上の人物とはいえ、設定は自分で作ってるんで)に構ってもらえると、本当嬉しいです!

    お手紙係(笑)いいですねえ、私もそういうのになりたい(笑)

    自分でも勉強しながらの創作ですので、間違っているところなんかもあるかもしれまんせん(笑)

    今、書こうと思っているのが、『羅針盤は北を指さない』で間違って殺してしまったバヤズィットという人(あとがき参照)です。スレイマン様の息子でサファヴィー朝に亡命して、居候して酒飲んでたんですが、処刑されました。何という説明w 処刑までの日々、敵国の王様とほのぼの仲良く過ごす、みたいな感じで考えてますが、書けるかどうか(笑)

    今後とも、どうぞよろしくお願いします!

  • 崩紫サロメさま

    こんばんは。桜 月日と申します。
    いつも小説を読んでいただきありがとうございます。

    本日はこちらに遊びに来てしまいました。

    初めて応援とコメントをいただいた際、
    お名前から、何となく直感でアカデミックな香りがするなと思ったのですが、オスマン帝国とは……

    『羅針盤は北を指さない』を読ませていただいたのですが、とても素敵でした!
    漢字にカタカナで原語のルビが入ると、何とも雰囲気があって美しいですね。

    また随時、読みに伺いますね。
    これからもよろしくお願いします。

  • 桜 月日さま

    読んで頂いて、ありがとうございますー!

    桜さまの作品との出会いは本当偶然で、「注目の作品」にあがっていたのをたまたま見かけてのことです。一期一会な感じ!

    異世界ものはあまり読まないのですが、文体に惹かれ、読み進めていくうちにクロウさんに惹かれ、今に至ります(笑)これから、どのような旅になっていくのか、楽しみです。

    『羅針盤~』は自作の中でもちょっと異色のもので、自分でもあれは再現できないなあ、と思い、他の作品はちょっとテイストを変えています。

    今後とも、どうぞよろしくお願いします。

  • はじめまして。。。
    崩紫さんのプロフィールを読んですごいな~本を「読んで」「書いて」「ポリシーがあって」って。。
    私には無いものばかり。。
    私は読書家でもなく、自分が文章を書くなんて思いもよらず生きてきましたから。。もっと勉強しておけばよかったと反省しきりです。。
    この度はそんな私のつたない(時に作文調の)自叙伝をよんでくださりレビューまでいただいてありがとうございます。。

    まずは、ご挨拶まで。。

  • 紫ぐれ麻衣さま

    ご訪問ありがとうございます。
    いえいえ、私などが、レビューを書かせて頂いていいのかな?と思ったのですが、私の言葉でまとめることなんかできないからこそ、ストレートと「読んで下さい」としか言えません。

    過去にあったこと、それを抱えて今生きてお仕事をされていること、それが綴られているのを読むこと自体、私にはとても貴重な経験となりました。

    ありがとうございます。
    どうぞ、よろしくお願いします。

  • 崩紫サロメさま。

    はじめまして。むつきと申します。
    このたびは『演劇青年シンジケートの野望』にとても熱いレビュ&コメントを頂きまして、ありがとうございます。
    画面の前でぴょんぴょん飛び跳ねているたぬきをご想像下さいっ。

    近況ノートにて、裏話っぽいことを書いたので、お手すきの時に覗いて下さると嬉しいです。

    オスマン帝国! 凄いですね。私はイスラムの雰囲気がすきでシリア・ヨルダン・トルコに行ったことがありますが、なにせ歴史的な背景とかさっぱりわかってない愚か者なので、折角の経験が勿体ない人です。

  • 六月さま

    おおお、近況ノート拝読しました。
    どっちに書こうかと迷いますが、そちらにお邪魔させていただきます!

    シリア……行きたかったのですが、行かないうちにあんなことになってしまい、残念です。私は軟弱なのでトルコと言っても殆どイスタンブルとその周辺止まりです(笑)うらやましい!

    また、お邪魔させて頂きます!

  • 月河さま

    エッセイ、読ませて頂きました。

    私はカクヨムを始めてまだ2ヶ月弱なので、楽しくやっていますが、いろいろあるのですね……。

    でも、私も、月河さまにこれからもカクヨムで創作を続けていって欲しいと、強く願っています。私を始め、月河さまの作品にレビューを書いた人は「自分が楽しく読んだ」というメッセージだけではなく、「これから、他の人にも読んでもらいたい」と思って書いているのです。ですから、その思いを無にしないためにも、続けていって欲しいと心から願います!偉そうに言ってすみません!

  •  わざわざお返事ありがとうございました(私も自分のところに保存して、いちおう削除させてもらいましたm(__)m)。

    〝『イルマの東』、カクヨム始めてすぐに出会った作品で、出会えて本当によかった 〟

     確かそうでしたね。何だか懐かしいです。崩紫さんの初々しいコメントは、今でもたまに見て元気を分けてもらっています。来てくれてホントにありがとうございました。

     でも、今のところ完全にここ辞めるわけじゃないんで (^-^; またちょくちょく覗きに来ますね。

  •  崩紫さん!しょーもない報告しに来ました。崩紫さんから始まった『国境・・・』のあるコメントが、面白いことになっています。藤井さんと綾束さんがくださったものなんですけど、笑えるので、気が向いたら私の返信とともに見てやってください (^-^)

     綾束さんは、今日、崩紫さんみたいに連続でコメントしてくださったんですけど、思わずそこだけ真っ先に返信してしまいました(笑)

     みなさん、意外とほかの方のコメントも見るもんだなーってのが分かりますよ。

  • 月河さま

    コメント見ました!

    「ええええええええ!?」
    はやっぱりみんなツッコムとこですよね!

    はい、レイサー=盾の判断は正しいかと(笑)

    いやあ、こうして複数のコメントが重なっていくと楽しいですね~!
    これからもカクヨムにいて下さい~~~!

  • サロメさん、こんばんは!

    さきほど、〈六花~〉最終話までを一気に読んでいただいたようで、
    応援、コメントもくださり、ありがとうございます~!

    そのうえ、初レビューまで……!! ありがとうございます!
    何度も読み返しては、嬉しすぎて、床をごろごろしました。笑

    たまたま注目の作品に上がっていたところを、目に止めていただき、こうして読んでくださったこと……この奇跡のような巡りあいに、深く感謝しております。

    サロメさんの応援に、本当に励まされました。
    重ね重ね、お礼もうしあげます。

    続編はしばらくクロウさんの出番が少ないので薦めづらいのですが(笑)、もしも気が向きましたら、ぱっとでも目をとおしてくださったら泣いてよろこびます。笑

    それではまた、サロメさんの作品を読みに伺わせてもらいますね。
    イブラヒムが何故あのように屈折してしまったのかを知るため、まずは『縄と鎖』から!

  • 桜さま

    完結おめでとうございます~!
    ここのところばたばたしており、少しカクヨムから離れていたので、遅れを取ってしまいました。が、一気読みの楽しさを得ることができました(笑)

    拙いレビューでお目汚しですが、もっと多くの人に読んでもらえたら、という思いを込めて書きました。

    世界と世界のつながり方が非常に気になるところなので、クロウさんがいなくても読みに行きます!(笑)

    あ、屈折したイブラヒムがいろいろとご心配(?)をお掛けしておりますが、どうぞよろしくお願いします(謎の挨拶)。

  •  たくさん作品を出されていて、「ど・れ・に・し・よ・う・か・な。」って迷いましたけど、やっぱりずっと気になってたのに決めました。最近、生活スタイルが変わって、以前のようにはいかないけれど、楽しませてもらますね!

     そうそう、前にしょーもない報告しにきた例のコメントが、さらに面白いことになっています。気が向いたら見てやってください(笑)

     あ、それから、いろいろありましたけど、いろいろあっていちおう解決したので、思い出してしまうような関連コメントをちょちょっと消しといてもらえると助かります。どちらでもいいといえばいいので、お任せしますね。その節はご心配をおかけしました。また元気にマイペースでぼちぼち活動してますので~(^^ゞ

  • >月河さま

    『イルマの東へ』新装版(?)、楽しく読ませて頂いております~!
    どこがカットされてしまうのかなとちょっと寂しくもありますが、より完成度の高いものになるのでしょう、楽しみです!

    こちらも、スレイマン様をよろしくお願いします(笑)

    あ、コメントいくつか削除しました~。

  • 崩紫サロメさま

    この度は拙作月岡草子に勿体ないレビューをありがとうございました(>_<)

    『羅針盤は北を指さない』を読みながら、イスラーム世界の歴史や文化への知識に裏打ちされた世界観に、ただただ感服致しました。

    私は和歌や日本の近代詩歌が好きなのですが、崩紫さまの作品から、中東の詩歌も読んでみたいと、ソワソワしております笑

    コーランの韻律が美しいと聞いたことがあるのですが、もしよろしければ、崩紫さまのお好きな詩人の方をお教え願えませんでしょうか……?

  • >蟹平さま

    拙いレビュー、お目汚しです。

    でも本当素敵な描写~~~!
    他の作品も読ませて頂きたいです。

    実は私、中東の言語ってトルコ語しかできないのですが、コーランに関してはスマホアプリでいろんな方が朗誦しておられるのをダウンロード(殆どが無料)して聞いていますが、うっとりです~。

    詩については、王道ですがペルシアのハーフィズから入りました。平凡社東洋文庫『ハーフィズ詩集』というのがあります。翻訳しておられる黒柳恒男さんの日本語にも趣きを感じます。

    アラブで手に入りやすいのといえば岩波文庫から出ているアブー・ヌワース『アラブ飲酒詩選』でしょうか。

    どちらもイスラームで禁止されている酒と美少年が重要なテーマです(笑)

    そういうあたりに触発されて(?)、イスラーム世界の男色(直接的な表現はありませんが)の話とかも書いています。

    そうそう、サファヴィー朝のイスマーイール1世は本当に「罪人(ハターイー)」という名で狂った詩をたくさん残していて、アゼルバイジャンの国民的詩人らしいので、アゼルバイジャン語が読めるようになったら探してみたいです。というか、英訳とか出てないのかなあ……と思っています。トルコ語とアゼルバイジャン語は近親言語なので、一応『羅針盤~』でスレイマンとイスマーイールの会話が成り立っているのはそういう理由、という設定です。

  • 崩紫さま

    はわわ…たくさん紹介していただいて、ありがとうございます……!
    酒と美少年……!ヤンデレ好きの血が滾っております笑(ちなみに私は酒と美少年、から北原白秋をイメージしました笑)
    また探してみます!

    崩紫さまの美少年の物語も、読ませていただきますね(>_<)

  • >蟹平さま

    わ~、興味持って頂けて嬉しいです!
    アラビア語やペルシア語ができたら楽しいんだろうなあと思いながらも、翻訳でもある程度雰囲気を感じることができますね。

    北原白秋、たしかに(笑)

    自主企画を通して素敵な作者さまと知り合えるのは嬉しいです。
    また、他の作品も読みに行かせていただきます!

コメントの投稿にはユーザー登録(無料)が必要です。もしくは、ログイン