新作、『猫は神を知り、人は神に背く』の公開を始めました。

いつもの二人(笑)の恋愛話なんですが、彼らの「恋愛の是非」を論じる話です。

いろいろ書いてみて思ったのですが、私は「議論」自体が物語りの中心となるような話が好きかもしれません。
多分、プラトンの対話編を愛読していたので、あのノリが好きなのかもしれまんせん。
『饗宴』とか、議論も、間のドタバタも面白いですね。

宗教が絡むのは、私にとって「信仰」が生活の中心にあるからです。
とか言ってみたいのですが、そうあることができない自分への葛藤から、こういうのを書きたくなるのかもしれません。

一応、エピソードとしては、『県知事様はライトノベルを書きたい』に続く形ですし、こちらもどちらかと言えば宗教小説なのですが、やはり、短編は独立したものとして書いているつもりで、それぞれ、テーマがあります。

『県知事様~』:偶像崇拝
『猫は神を知り~』:自由意志と罪

こんな感じです。

いや、そんなにきちっとした神学ではなく、礼拝中にぼーっと考えた似非神学です(笑)私は、改宗前のイブラヒムと同じ宗派(←強調点)のキリスト教徒です。自分の駄目さを彼に投影しているところがありまして、申し訳ないです。

あとがきで書かなければならないこともあるので、どうぞ最後までお付き合い下さい。

9件のコメント

  • こんばんは。そして、初めまして。月緒 桜樹と申します。


    拙作への応援やお星さまやレビューに、私へのフォローまで、本当にありがとうございます(*∩ω∩)

    ああいう言葉遊びは、あまりやっている人がいないなあ――と公開してから気づきました。気に入っていただけて、とても嬉しいです!

    私の作品には、狂気的というか猟奇的というか――な内容が多いので、受け入れてもらえるか不安だったのです(苦笑)。『千夜記』がお気に召したようで、感無量です(*∩ω∩)

    これから、よろしくお願いいたしますね!

  • 月緒 桜樹様

    ご訪問ありがとうございます!

    こちらでは歴史小説ばかりやっていますが、現代短歌をやっていたもので、「表現の視覚性」というものに関心がありました。


    月緒様の詩は、表現の内容と「形」が見事に調和していて、なかなかできるものではないと、恐れ入っています。内容的にも好きです。

    これからも作品、読ませて頂きます<(_ _)>

  • rainyと申します。作品を読んでいただいてありがとうございました!
    崩紫さんの作品の圧倒的な知識量、背徳的な匂いなど、素晴らしいですね!私は短歌の方はまだ初めて日が浅く、小説をずっと書いていました。植民地時代のアジアを舞台にした小説を計画していますが、どう資料を集めていいのか、世界を構築していいのか途方に暮れている状況です……。崩紫サロメさんの作品もまた、参考に読ませていただきますね!
    ドストエフスキー、河野裕子は私も大好きです!

  • rainyさま

    コメント&作品へのレビュー、ありがとうございます!

    短歌に、植民地時代のアジア、なかなか共通項が多い(*´ω`*)

    短歌は、結社には入らず、学生短歌会だけでした。河野裕子さんの娘さん、永田紅さんが同じサークルにいらっしゃいました。

    私のその頃の作品を一首。

    夕暮れに万年筆を分解す誰かの血汐のやうな濃紺

    こんな感じですー。

  • rainyです。ああ、なんかすごくイメージの鮮やかな短歌ですね!崩紫サロメさんの短歌、もっと読みたいです。永田紅さん、有名ですよね。お父様が選者をされているNHK短歌に何度か投稿してますが、まだ一度も採用されていません……。

  • rainyさま

    おおお、ありがとうございます。
    短歌も、何かの形で発表したいとは思っています。

    最近は出していないですが、昔、NHK歌壇で馬場あき子さんが選者をやっておられた頃、何回か採用して頂きました。懐かしい。

    ガチな時は『短歌研究』の新人賞に出しておりましたが、佳作止まりです。角川短歌は50首なので、なかなかハードルが高いんですよね(^^;)

  • 白河さま

    こちらにもコメントありがとうございます!
    いえいえ、私自身自覚しているのですが、理論先行でディスカッションから話を作っていくタイプなので、白河さまのような、たとえばあの架空の街のような、ああいう風景描写とかがしっかりできていないんですよね。。。あと、おいしいお食事の描写とか!(笑)今、食い意地の張った王子が主役の話を書こうとしているのですが、表現力の乏しさに、うーん、って状態です(笑)

    ぼちぼちですが、また何か書いていきます。

    こちらこそ、よろしくお願いします!

  • こんばんは!

    『子猫のくしゃみ』も読んでくださったのですね。しかも、あとがきまで!
    素敵なレビューをいただけて舞っています(笑)。

    私も崩紫さまの作品、読みに伺いますね! 世界史は好きなので。

  • 月緒桜樹さま

    ご訪問ありがとうございます!
    自主企画の猫のやつから飛んで、おおお、いい話だ!となり、よく見てみたら月緒さまだった、ということに、レビュー書いてから気付きました(笑)あの詩とこの猫が同じ方というのにびっくりです!

    楽しませて頂きました!

コメントの投稿にはユーザー登録(無料)が必要です。もしくは、ログイン