フォロー機能を活用しよう

カクヨムに登録して、お気に入り作者の活動を追いかけよう!

アカウントをお持ちの方はログイン

書きたいことがありましたら何でもこちらへどうぞ。

10件のコメント

  • 初めまして。

    『 埋もれた名作は、なぜ埋もれたままなのか 』、拝読させて頂きました。
    左安倍虎 様の細やかな分析、頭が下がる想いです。 また、現在のWeb小説のあり方に対する警鐘のようなものも感じ、甚く感銘した次第です。

    私は『 名作 』に値する作品を創作出来ているとは到底、思っておりませんが、先記の通り、あまりに異世界・転生・転移モノが溢れている現状には、違和感を感じていました。
    ☆やレビューの多い作品も、参考がてら読んでみましたが、情景描写も無ければ、状況描写も無い。 意味不明な空白改行に果てには、延々と会話文のみが存在するだけ・・・

    小説に大切な『 テーマ 』が、ドコにも無い・・・
    そもそも、テーマを考える事すら履行していないような・・・

    1エピソードも読み進めれなかった事が、度々ありました。

    左安倍虎 様の分析通り、Webで作品を公開をするのであれば、現在のWeb小説に合った書き方が必要かとは思います。
    しかし、『 モノ書き 』を始めるにあたり、ライトノベルではなく日本純文学を手本とした私にとって、読者に合わせてストーリーを変えるなど、考えられません。
    創作をする以上、読者に訴え掛けたいテーマが存在し、物語が展開した先には、当然、ラストシーンが用意されているはず。
    それが、いとも簡単に変更出来ると言う事は、プロットも無しで創作を進めている事ですよね・・・?
    講師時代の生徒に嘆願され、異世界モノ( らしきモノ )も1作創作しましたが、やはり私には合いませんねぇ・・・

    つまりは、私のような『 お堅い 』作者は、Web向きでは無い訳です。
    でも、いいんです。 作品を公開する事、それが私のステイタスですから・・・

    カクヨムに、転生・転移禁止のコンテンツがあると良いですね。 ・・・それこそ、埋もれたコンテンツになるか・・・(笑)
    各作者の方々には、主旨は違いますが、せめてファンタジーとSFの違いを理解して欲しい、と願うばかりです。

    長々と、駄文、失礼致しました。
    左安倍虎 様の、益々のご活躍、応援しております。

  • 初めまして。
    拙作をフォローされていたので、お伺いしたところ、面白い短編読切があったので拝読いたしました。
    好き好き大好き〜って舞城王太郎ですよね。文体も舞城リスペクトしていて感服しました。

    僕自身、心理学に興味があるので、次は『心理魔術師〜』も目を通したいと思います。
    面白い物語をありがとうございます(≧∇≦)

  • >夏川 俊さま

    こちらこそはじめまして。
    小説家になろうでは、あまりにも転生作品が多いため、転生作品のみを隔離する措置を取らなければいけなくなっているほどです。
    1ジャンルとしてこういうものがあるのは良いですが、こうしたものが強すぎることでウェブの作品から多様性が失われてしまうのではないかという危惧もたしかにあります。
    趣味なら好きに書けばいいことですが、コンテストを狙うならまず☆を集めないといけないので、多くの人が売れ線を狙って書くでしょうから。

    読者に要望にストーリーを合わせるのも、そうしなければ生き残れないと作者は判断しているのかもしれません(その作品は書籍化されていました)。その判断が正しいのかはわかりませんが、個人的には作者にはやりたいことをやってほしいと思っています。

  • >織田崇滉さま

    はい、これは舞城王太郎作品から取りました。
    もっとも、文体の方は割と適当だったのですが。
    心理魔術師はまだ完結していないのですが、読んでいただければ幸いです。
    今後ともよろしくお願いします。

  • すいません、応援コメントに対するリアクションがかなり遅れるんですが「聖紋の花姫」は話が続いていく構成だと思いこんでいて、マイページから続きを待っていたんです。続きが更新されたら応援コメントの返信を読もうと思っていたら、完結になってることにさきほど気づきまして、リアクションが遅れました。

    もうちょい続くのかと思っていたので、ああいう形で応援コメントを打ちました。まるで最後まで読んでいないかのようなメッセージになってしまいまして、申し訳ありませんでした。

  • >秋山機竜様

    いえ、あの感じだと長く続きそうなのでそう思われても仕方ないかと思います。
    元々身内でやっていた企画で2万字以内の作品という縛りがあったので、ああいう形で終わりました。
    現在連載している『阿呆鳥の狂詩曲』は『聖紋の花姫』の設定を一部受け継いでいるのですが、こちらは10万字を超えると思いますのでよろしければどうぞ。

  • しちみです。初めてコメントさせていただきます。
    『永遠の青』にレビューをいただき、また、『ぼくらの冒険譚』をフォローしてくださりありがとうございます。どちらもファンタジーですが、毛色が少し違う感じです。楽しんでいただければ幸いです。

    私も『阿呆鳥の狂詩曲』をドキドキしながら読んでいます。なかなかコメントに踏み切れなかったりしますが、よろしくお願いします。

  • おお、しちみ様はじめまして!
    『永遠の青』のような正統派ファンタジーがカクヨムで読めることに感激してましたので、新作の方もさっそくフォローさせて頂きました。
    『阿呆鳥の狂詩曲』読んでいただいてありがとうございます。
    今後も盛り上げていきますので、ご期待に添える内容になればと思います。

  •  はじめまして、月ノ瀬静流です。
     拙作『蒼き王の譚歌』に深みのあるレビューを有難うございました。
     この作品は、昔、4000文字の掌編企画として書いたものでした(ほんの少し修正したため、現在では4000文字を少し超えています)。
     この文字数に収めるために、とにかく削れるものは削った作品になりました。
     かなり無理をした構成のため、読みにくいところもあったと思います。けれど、未熟ながらも大切にしていた作品なので、お読み頂き、本当にありがたく、嬉しく思います!
     どうもありがとうございました!

  • 月ノ瀬 静青流さまはじめまして。
    短い内容ながら、濃密な内容で久しぶりに満足度の高い作品に出会えたと思っております。
    今後のご活躍にも期待しています!

コメントの投稿にはユーザー登録(無料)が必要です。もしくは、ログイン