先輩が憂鬱そうな顔をしてため息をついていたから、その理由を聞いてみたら……。っていうかそれ以前になんかこの先輩違和感凄いんだけど。

とまあそんな感じの導入で始まる『ニードルおっぱい』でした。

なぜこんな物を書いてしまったのか。始まりは会社から帰る途中、突然頭を過ぎったのです。『ニードルおっぱい』という単語が。

うん、それだけです。それ以外は後付けです。

最初は二次創作でやろうかなーとか、一回きりの短編にしようかなーとか色々思ったんですが、最終的にこんな感じになりました。

アホ丸出しな内容だけど、こういうのも好きです。

少しでも笑って頂けたら幸いです。