来ていただいてありがとうございます。
どうぞのんびりしていってください。


忙しいという字は、心を亡くすと書く。
そんなことを実感できている毎日ですが、今日は珍しく時間ができて、ワインなどを飲みながら、温かい声色を聞きながら過ごす夜です。
そして、そんな夜にカクヨムに来られる幸せ。

春生まれのわたしは、そのせいかどうかはわかりませんが春が大好きです。
雪国のひとたちは誰しもそうなのかもしれませんが、長靴からスニーカーに履き替えたときや、分厚いアウターを脱いでも外に出られたとき。
その喜びが春の喜びです。
年間を通してあまり晴天に恵まれないわたしの街では、曇りも晴れにカウントされるくらいですが、それでも、どんよりとした空を見てなお嬉しいのです。

ささやかな幸せを心底大きな幸せに感じられるのは、そんな雪国の幸せに通じているのかもしれません。
安上がりな性格だなぁと思いますが、幸せは幸せに思えることが幸せなのだから。

とりとめのなさは、ワインのせい。
どうぞお許し下さい。
なかなか新しいものを書けませんが、少しずつ前進していきたいと思います。

応援してくださるあなたに、心から感謝をしつつ。
いつもありがとうございます。