わたしの住む街の春はとても短くて、のんびり居座る冬と順番を待たない気まぐれな夏に挟まれて、あっという間に終わります。

これから季節はどっちに行くのだったっけ、思わず確かめてしまうくらいに激しい上がり下がりを繰り返す気温の変化に、半袖と長袖を行き来している間にカッと燃え上がるような夏になって。

わたしにとって夏は、どこか物悲しい季節です。
スピードの速い輝きに、気持ちを置いて行かれてしまう感じ。

今年の夏は、ちょっと長い旅行をします。
生まれて初めての。
その思い出が、わたしの夏の感覚を変えてくれたらいいなと思っています。

3件のコメント

  • こんばんは。
    真夜中にこっそりとお邪魔します☆

    久しぶりにノートへ来て下さって、嬉しさで舞い上がっています♪
    新樫さんのお言葉って癒し効果あります。文章もそうですが、持っている空気がそうさせるのでしょう。

    そしてそして!
    私……前回のノート。見逃してました……。
    せっかくワインでほろ酔いの新樫さんが居たのに!
    一緒にほろ酔い気分で楽しめたのに!
    あぁ私のバカバカと後悔真っ最中です。
    私はワイン大好きなんですが、体質が合わなくて一杯程度しか飲めないんです。他のアルコールはそこそこ飲めるんですよ!ワインだけ!両親もワインだけ飲めないので遺伝でしょうね……。味はお酒の中で一番好きなのに一杯で我慢。もし二杯目なんて飲んだら次の日は寝込んじゃうんですw

    ってお話がいっぱい出来たのに!

    今回のノートでは夏が苦手との事。私も苦手ですが、新樫さんの理由が美しい過ぎて参っちゃいます。もう、そこだけで文学的というか、感性の素晴らしさが滲み出てますよ!

    私が苦手な理由なんて笑っちゃいますよw
    失恋なんですw
    10年以上も前の失恋をひきずってはいないのですが、初夏の空気、台風の湿度を感じると「うわ」って変な気分になるんです。失恋中に体重が50キロから40キロに落ちて、倒れて病院に運ばれたのは良い思い出ですw
    こんな感じで笑い話にできるぐらい昔の思い出。でも、この夏独特の気候は不思議な感覚に陥ります。心が二つ同時に存在するような変な感じなんですw


    夏の旅行!
    どうかお気をつけて下さい。
    地域によって気候が違いますから、本当に油断していると大変ですよ!
    北海道の友達がこの時期に遊びに来た時、湿度の高さにダウンしちゃいました。気温よりも湿度の方が対応が難しいと思います。

    この旅で新たな発見。そして、楽しい時間になる事をお祈りしています♪

    また遊びに来ます☆

  • ゆうけんさん

    来ていただいてありがとうございます!
    ゆうけんさんはどんなに小さな呟きにも、ちゃんと耳をすませてくださっている感じがして、こうしてコメントいただくとほっとします。
    いつもありがとうございます。と、いつも書いていますが、こんなふうに「いつも」と言える相手がいることの幸せを感じます。

    ワインのお話、わたしもそうだったんですよ。
    それがいつだったか、ある日突然、普通に飲めるようになっていました。翌日も平気。
    わたしにはとってもお酒に強くて詳しい友人がいて、飲むときは一緒のことが多いのですが、お勧めしてもらったものは大抵飲めるようになってしまいます。不思議。
    ブランデーだけは飲めなかったのに、それも最近はなんだか飲めてきそうな感じで、可愛げのない「酒豪」と言われる日が怖いです。

    ゆうけんさんの夏の思い出。初夏の空気、台風の湿度、心がふたつ。
    ゆうけんさんと同じ場面にいたことなどないのに、なんとも言えない気持ちになりました。
    それだけの恋愛ができたなんて、ゆうけんさんはすごいですね。
    わたしは恋愛面に関してはヨチヨチ歩きの子供のままです。
    だから人間の深みがまだまだ足りないのかな。
    またひとつ、ゆうけんさんの懐の深さのわけを知りました。


  • ノートにお誘いの書き込み、ありがとうございました!
    もっと話していいよ。って言われた感じがして凄く嬉しかったです。
    お言葉に甘えて遊びに来ちゃいました。

    ワインのお話。ある日突然に飲めるようになったりするんですね!
    いいなぁ~いいなぁ~っと羨望の眼差しです♪

    私の偏見ですが寒いところに住んでいる方ってお酒強いイメージがあります。もうホント羨ましいですよ!新樫さんのような可愛らしい雰囲気の方が酒豪っていうのもギャップ萌で堪りません☆
    ブランデーも薬草みたいなモノもあって選びますよね。ブランデーも大好きです。果実を元にしているお酒が好きなのかも知れません。

    あと、飲めなかったお酒が飲めるって面白い感覚だと思うのです。
    味覚って不思議と変わっていくなぁっと。20代前半はウィスキーやビールの穀物系にどっぷりハマってましたが、徐々に果実系に好みが変わりました。でも穀物系が苦手になったわけではなく、好みが広がった感じです。

    よく人間関係と味覚の好みは似ているという話を耳にするのですが、なんだか解かるような気がしました。
    昔、嫌煙していたモノも考え方、感じ方の角度を変えると楽しめる時がある。でも、それって理屈じゃないんですよね。本当に不思議なぐらい自然に……スッと心に入ってくる感じで「こういうのもアリかも……」みたいな受け入れ方が出来ちゃう面白さ。

    小説も受け取り方ひとつの違いで楽しめる嗜好品かも……思っちゃいました。
    その中で自分にあった作品、作風があって。新樫さんに出会えて良かったと、しみじみ思うのであります。

    実はカクヨムに登録したのが2016年の11月。それから2017年の2月までの4ヵ月間は完全に黙って読むだけでした。
    ☆やレビューの仕組みも理解せず、初めてコメントしたのが新樫さんだったんですよ♪
    2月8日は私のカクヨム初コメント記念日。今読み返すと拙い過ぎるコメントにレビューですねw 猛省しています!

    嗚呼、すいません。だらだらと管を巻く悪い癖が……
    私の失恋話はいいですよね?w
    思い出すと……なんで素直になれなかったのか、とか逆に自分勝手だったなぁ……とか。相手にも同じ事が言えて、歯車が噛み合わなかったとか。引越しが重なったり、転職があったり……。今思い返すと小説全然読んでなかった時期かも知れません。心に余裕がなかった?とも言えますねw

    もし、良ければ新樫さんの甘酸っぱい物語。教えて下さい♪
    私の初恋は中学三年生でしたー☆
    友人と初恋の話していたら、私はけっこう遅いんだなぁっと思いました。
    みんな小学生に初恋してるんですよねwすごい!

コメントの投稿にはユーザー登録(無料)が必要です。もしくは、ログイン