カクヨムに秘密の小部屋を持ってから、もう少しでちょうど四年になるのだと、つい先日気が付きました。
ちゃんと小説を書いたのはカクヨムが初めてなので、「書く」ことに向き合うようになってからも、ちょうど四年ということになります。
たった四年の間にいろいろなことがありましたが、わたしにとってカクヨムはいまも変わらず不思議な場所です。

参加当初は頑張っていた交流も、とても勉強になりました。
そのころに出会った方々は、たとえダイレクトな交流がなくなってもわたしの中に居続けていて、ことあるごとに思い出されます。
交流下手のわたしにしては相当努力していたのですが、それにお付き合いくださっていた方々も、きっとものすごく優しい目で見てくださっていたのだろうと思います。ほんとうにありがたいです。

思いがけない書籍化という事件もありましたが、それもとても大きな経験でした。書籍化のおかげで、新しい出会いや素晴らしい出来事がたくさんあり、自分の本が出版されるということだけではない喜びを、たくさん味わわせていただきました。
お手に取っていただいた方々、心から感謝しています。

デビューができても、物書きとしての力が自然に上がるわけではないので、いまも勉強の毎日です。わたしの中のカクヨムの皆さんに励まされながら、いつか、あの作家の原点はカクヨムなのだと自慢してもらえるような日が来たら……なんて、とんでもなく大きな夢をみながら。