拙作「最後の追憶」に、紫香草さまから胸に染み入るレビューを頂戴しました。本編以上に感動的なレビュー文に涙出ちゃいました。ありがとうございますm(_ _)m近況ノートに書き込みができなかったので、この場を借りて御礼申し上げます。
 
 書き手の皆さんはみんなそうだと思いますが、レビューをいただくのは、お部屋の中をぴんぴん飛び跳ねちゃうくらい嬉しいです。数多くの作品の中から拙作に目を留めてくださって、貴重な時間をかけて読んでレビューまで書いてくださって、ただただ感激です。
 自分が書く時に抱いていた感情とほぼ一致するような想いが綴られたレビューをいただいた日には、もう読みながら泣いております。同じ気持ちを読者さまと共有できた喜びは、なにものにも代えがたひ……。

 レビューは想いを共有する素敵なツールだなあと思います。想いを同じくする人同士をめぐり合わせる魔法みたいだなあとも思います。

 カクヨムを初めてもうすぐ三年になりますが、これまで拙作にレビューを下さった方々、改めまして、本当にありがとうございます。私も拙いながら、今後も頑張ってレビューを書いていこうと思います。
 私の場合は、読んで胸の中で膨らんだ想いをドラゴンの炎をごとく「かああああああああああああああっっっ」と吐き出すような感じになっちゃうことが多いのですが……。もう少し落ち着いたレビュー文が書けるように修行しますm(_ _)m💦