近況は基本的にTwitter(@Quantum44_NJ)で報告しているので、ここでは加筆修正部分とかを書いたり、書かなかったりします。

----

勇者、辞めます
https://kakuyomu.jp/works/1177354054882385011


モチーフという程ではありませんが、『勇者、辞めます』に出てくる連中には幾つか原点が存在します。
『この作品、このキャラ、この集団が無ければこいつは居なかったかもしれない』。そんな原点がこいつらです。


◆12体のデモン・ハート・シリーズ
スターオーシャン2の十賢者。彼らもまた太古の昔に作られたヒト型生体兵器でした。
「スピキュール! うおー!あっちー!」
で有名なミカエル・ハニエルに幾度となく殺されたヒトも多いのでは。
僕としても非常に印象に残っており、今回の12体の設定を考えてる時は十賢者戦のBGMをヘビーローテーションしていました。

12星座モチーフですが、聖闘士星矢モチーフではありません。
でも聖闘士星矢ロストキャンバスめいた3000年前の過去編外伝はやりたいですね。DHシリーズが無双しては1体ずつ死んでいくやつ。
「レオ以外のDHシリーズに感情は無い」とか書いちゃったんですが、まあ、そこは……なんとかしましょう。


◆無影将軍メルネス
ラグナロクオンライン(RO)のアサシン、アサシンクロス。
遥か昔、もう10年以上前。グラストヘイム実装直後。カタール二刀流でクリティカルをバシバシ叩き出す姿はあらゆるプレイヤーの憧れだったことでしょう。

また、当然ながら僕の寡黙少年大好き成分も入っています。
色白少年にメイド服を着せた後に腰骨をつつーっとなぞりたい。


◆リリの《フェンリル》
女神転生・アバタールチューナーの《ケルベロス》。
淡い光に包まれて変身するところとか、もう小説版アバチュの演出そのまんまです。それどころか、最初はリリが変身するのはフェンリルではなくケルベロスの予定でした。

結果的に、女の子が変身するなら真っ白い狼の方がそれっぽかろうと思いそうしました。フェンリルが縦横無尽に駆け巡るリリ編はなかなか書いていて楽しかったです。

フェンリルは体長3mから4m程度。
もののけ姫に出てきたサンの兄弟くらいの大きさだと思って下さい。


◆魔王エキドナ
特にモチーフ無し。ただ、図らずしも『赤いドレス』『偉そうな口調』と、Fateの赤セイバー(ネロ)みたいになってしまったので、作者の頭の中ではだいたいネロになっています。

髪はウェーブのかかったロング。剣士でもあるのに、動きやすいよう結んだりはしていません。
これは魔王としての誇りですね。エキドナは最高権力者(王)であると同時に魔界における美しさの象徴(女王)でもあるので、己の力を最大限誇示しなければならないわけです。


◆エドヴァルト
防御力が一人だけ3倍くらいある人。
ダブルクロス(TRPG)で言うと《竜鱗》が常時発動していて、更に《イージスの盾》《魔王の外套》などの防御エフェクトを全部マックスで習得してる、よくわからない防御力を持つ奴です。

とにかく難産でした。『四天王には一人くらいオッサンがいないと駄目だろ』と思ってなんとなく入れたのは良かったものの、どうやってこいつを話に絡めるかが大変でした。
だっておっさんだし……あんまり人気出なさそうだし……何で女騎士にしなかったんだ! Fate青セイバーみたいな堅物女騎士でよかったじゃん! と3回くらい後悔しました。

しかし、こういうおっさんだからこそ出せる味があるはず。
そして、四天王四人のうち三人が女性だとメルネス君も居心地が悪いはず。
そういう意味でおっさんにしました。


◆作業用BGM
ラスボス戦(破-乙)は、ずっとテイルズオブデスティニーのNEOミクトラン戦『Rebel Against Destiny』を聴いていました。

『運命の物語』のラスボス戦が『運命への反逆』!
このコテコテっぷりがとても好き。


◆『耐性』がついてしまう
http://www.taikaisyu.com/00roc/roc-056/02.html

WEB漫画『胎界主』の生体金庫バハムートのイメージ。
とにかくデカい。そして即死攻撃持ち。これまで出てきた作中最強クラスの強者が、バハムートの一撃で容赦なく死んでいく。
死の神獣レイスであるデカトン・デュラハンですら為す術がない。

その最大の理由が『攻撃する度に耐性がついてしまうから』。
いやー恐ろしい。防御は最大の攻撃と言いますが、倒せない相手に勝てるわけがない。肝が冷えますね。

なお、レオがリリに向けて言い放った「戦え」。
どこにでもある台詞ですが、これも一応胎界主で僕が大好きな一コマから拝借しました。
http://www.taikaisyu.com/00roc/roc-061/11.html


◆魔将軍シュティーナ
レオと共に、一番最初に出来上がったキャラでした。
最初はもっとツンツン度が低く、

魔王城の受付係

「うぇー」が口癖のおっとり四天王

ポンコツ中間管理職(OL)

というところに落ち着きました。
『キャラが勝手に動く』という話がありますが、レオとシュティーナを一緒に出すと話が勝手に進んでいくのでとても楽。