カクヨムに限らずweb小説は短篇有利で長篇連載は不利、読んでもらえる保証さえない、とはすでに書いたとおりですが、そんななかでぼくは試験的に「原発ピグミー」という長篇SFホラーを連載しております。PVをみるに、読者ゼロというわけではなく、案外読んで頂けているようです。ありがとうございます。
 内容をみていただければわかるとおり、アレすぎてとても紙媒体に載るようなものではありません。ですので、数ある手持ちの長篇のなかで、webでの試験連載としては適格だろうということで選んでいます。
 こちらの長篇は、福島原発事故の直後に書いたもので、創作に対する試行錯誤のなか大塚英志さんの「ストーリーメーカー」という教本を大いに参考して完成しました。ハリウッド的なストーリーの類型に当てはめ、純然たる娯楽作品として書こうとしたのです。「バイオハザード」をもっと和製B級ホラーにしたような感じで。これまであまりこのたぐいの創作指南本に頼らず独学ですすめていましたので、当時は大きな試みのひとつでした。「原発ピグミー」に限らず、今まで書いてきたものは、拙いものや気に入ってないものもあれど、どれもこんなふうに新しいなにか、主題や書き方に挑戦した結果として生まれたものです。結果として、ぼくの書いたもので似たようなものはなく、よくいえばバラエティに富んだ、悪く言えば雑多な創作歴となりました。書くというのに熟練などなく、死ぬまで習作の繰り返しなんだろうな、と考えています。