短篇集「偏執狂の猿にタイプライターを無限に打鍵させたとき、猿のテキストが偶発的にレイ・ブラッドベリを凌駕する確率に関する実験報告」と

短篇SF「3年引きこもった俺が始めたコンビニバイトがブラックすぎて初日に安全斧で側頭部に一撃喰らったけど労災は下りないし本部に上納するロイヤリティは売上の82パーセントだしで完全にここからが本当の地獄だ」

が最高位8位を最後にいまは20位台に転落してますね。。
なかなか入れ替わりの激しいランキングです。

ランキングに重要な要素として「★/PV」という指標があるという情報を得ました。つまりPVがどんなに伸びても★が入らないとランクが上がらないと。
ということは短篇集をずるずると続けるのは不利、ということになります。固定客さまがついてくださってPVが順調に伸びても、★を入れる回数はおひとり一回。さらに最終話まで読まないと星を入れられないカクヨムの仕様では、何話も連載していくのはみずからの首をしめることになる。

というわけで、いったん短篇集の連載をここで打ち止めにします。
つぎの短篇集として改めて連載していくつもりです。

そして長篇連載「原発ピグミー」のジャンルを、ホラーからミステリに変更しました。するとにわかにフォロワーが増えたようです。
ミステリというジャンルは、どうもSFやホラーよりも作品数が少ない模様。そのわりに読者が多い、という傾向が読み取れるのではないでしょうか?

あと、現代ドラマ部門に「マイ・リトル・バターカップ」という短い小説を投げてみました。
作風がグロいと苦戦するのではないかという旨のご意見を受けて、こちらもテスト的に。

では結果報告はのちほど。