長いようであっという間だった夏休み。週が明ければ、もう9月です。
今年度の「カクヨム甲子園」では、高校生だけでなく大人も(そして子供も)参加できる「カクヨム甲子園≪テーマ別≫」も開催されていますが、カクヨム甲子園の応募作にもあるんです。
まるで大人が書いたような、光る文章スキル、成熟した人間性を感じさせる作品が!
今回は、そんな「本当に高校生が書いたの!?」というギャップに驚く7作品をピックアップして紹介します。

カクヨム甲子園の応募締め切りは9月16日まで。8月が終わってももうちょっと続きます。
高校生という3年間も長いようでいてあっという間。今しか書けない物語をまだまだ募集しています!

ピックアップ

残花のような儚さ

  • ★★★ Excellent!!!

賭場に売られた主人公。

そこで男に助けられる。

昔の時代の雰囲気を上手く出してます。

ラストは、急展開もあります。

美しくも切ない物語です。

‪百合になれるSF

  • ★★★ Excellent!!!

どうせ
みんな
百合になる

 この小説は「百合」です。意味が「百合」です。この文字列だけだと訳がわからないと思いますが私の表現力ではこのように記述するしかありません。
 AIと人間の恋愛を描いたSF、という使い古されたテーマながら、一度読み始めれば百合とSF的発想と私と彼女と読者が渾然一体となった百合空間に混ぜ込まれます。百合に挟まるんじゃありません。百合に混ぜ込まれます。この意味の違いは重大です。文字列は百合ではないですが間違いなくその文字列は百合という意味を奏でます。
 小説が百合なのか読者の解釈が百合なのか、どちらにせよ読了時にあなたは百合になっています。

真夏のノスタルジー。

  • ★★ Very Good!!

目を閉じれば、夏を感じることができる。
これはそんな作品です。
情景の描写の美しさもさることながら、主人公が大切だと思う人をいかに大切にしているか、というところが丁寧に書かれていて、心に沁み入るような作品に仕上がっています。
いいですね、夏。
これを私が読んだのは冬なのですが、心が温かくなる、そんな作品でした。

時代物の妖譚! 鉄鼠が「頭」を⁈

  • ★★★ Excellent!!!

 妖怪好きなら知っている方も多い鉄鼠。御作はその鉄鼠と江戸の物書きを主軸に展開される物語だ。「頭」は「あたま」と読むのではない。「かしら」と読んで、作中に出てくる書物の原稿のことである。この原稿の「頭」が食われたことから、物語は始まる。
 原稿を本に仕上げなければならない立場の人間と、その書き手。文章と人間と言う現代にも通じるテーマ性を持った作品だった。そして、中盤辺りで出てくる女性が、終盤に重要な人物として浮かび上がってくる。
 果たして、「頭」を喰ったのは、本当に鉄鼠だったのか?
 女性との関係は?
 時代物であり、ミステリーであり、恋愛物であり、純文学でもある。
 短編に必要な終盤のオチも見事だった。

 是非、ご一読ください。

毎日記憶がリセットされる彼女に恋をした

  • ★★★ Excellent!!!

祖父の昔話。
異能のため、毎日記憶がなくなってしまう彼女に恋をする。

毎日会っているのに、彼女の記憶に残ることはない…
毎日自己紹介から入るのは、辛いですね。
主人公は、どうにか彼女の記憶に残ってほしいと思いながら接する日々。


彼女はその能力を使ったことがあったのか。
その後彼女はどうなったのか、
主人公はどうしたのか気になりました。

切ないお話、ありがとうございました!
これからも様々な作品を作って下さい!

_人間が自ら選ぶ道。とにかく生きるか、望んだ通り死ぬか…

  • ★★ Very Good!!

生きるか死ぬか、人間が選ぶ最大の道…もし望んだ通り死ぬのなら、生きる選択肢を捨てなければならない。もしとにかく生きるなら、望んだ死に方を捨てなければならないかもしれない。
生きるが得か、死ぬのが得か…

怖いくらい、美味しい。美味しくて、怖い?

  • ★★★ Excellent!!!

とある病院に入院した「僕」の一人称視点で語られるショートストーリー。
一見なんの変哲も無い普通の病院ですが、ただ一つだけ「病院食がめちゃくちゃ美味しい」という特徴があります。
特に美味しいのは肉料理。
病院食だというのにそれはまるで一流レストランにも匹敵するのでは?という味。「僕」はどんどん病院から出される食事にハマっていき、食事がいちばんの楽しみになっていきます。

…しかし解せないのは、あれがいったい何の肉なのか?

短い文章でこれでもか!と魅せらせました。読んだあとには肉料理が食べたくなるような、でも口に入れるのが怖いような…
怖いくらい美味しい病院の肉料理の真実、知りたくありませんか?