変という字は、恋に似ている。恋の亦は「糸言糸」の略、「いとしいとしで(糸糸)いう(言)こころ(心)」と都々逸でも歌われる。恋は言葉の糸で心を縛ること。変の攵は手に持った棒で、言葉の糸を揺らすこと。言葉の力で心を縛るのが恋、心を動かすのが変。どちらも恋愛に通じる文字です。そして世間ではもうすぐバレンタインデーということもあり、今回はちょっと奇妙な恋の話「ストレンジラブ」特集をお送りします。形は変でも愛の形は様々。創作も恋も自分らしさを相手に伝えるという点で一緒です。作品に込めた作者の愛を皆様のハートに届けられたら幸いです。ところでどなたか私にも愛を届けてくれる方はいませんかいませんかそうですか。

ピックアップ

彼女が格好良くて、彼氏が可愛い。この性別逆転カップルが尊すぎる

  • ★★★ Excellent!!!

凛々しい顔立ちにスリムで高身長な女子高生・御神苗優輝と、美少女と見紛う美貌の留学生・日番谷・シイナ・ラインスタインのボーイミーツガール。イケメン女子と女装男子の性別逆転ラブコメです。

優輝は全校女子が憧れる王子様。文武両道で見た目も性格もイケメンな彼女ですが、可愛いものが好きで少女漫画のような恋愛に憧れているなど、女の子らしい一面がギャップ萌えです。

一方、シイナは明るくて人懐っこく庇護欲をそそる優輝の思い描く女の子の理想像ですが、女装趣味のオタク男子という、これまたキャラの濃い男の娘なのがツボです。

見た目の事もあってシイナに妙に懐かれてしまい、イケメン過ぎるのが祟って恋愛経験ゼロの優輝はいつも胸をときめかせてしまって、振り回されるうちに惹かれていく乙女心がいじらしくて身悶えしてしまう。ああ、尊い!

ジェンダーレスが叫ばれる昨今、こんな素晴らしい純愛を変と思っては間違いかもしれません。

(「ストレンジラブ」/文=愛咲優詩)

現代版「鶴の恩返し」!? イケメン鳥類男子たちの正しい飼い方

  • ★★★ Excellent!!!

バードウォッチングが趣味な田舎の女子高校生・田浜ななが、ある日、動物避けネットに絡まった野鳥を助けたことから始まる、人間に変身したイケメン鳥類男子たちとの恩返しラブコメディです。

律儀で大人びているがうっかり者のトキ。
やんちゃ小僧だけど手先が器用なカラス。
小さくて可愛い寂しがり屋なカワセミ。

野鳥の魅力もイケメンに置き換えてみると、「なるほど!」と頷けます。

ななから受けた恩返しのつもりでも、人間の常識を知らない彼らは、騒動を起こしたり、迷惑をかけたりと、毎回ドタバタ満載で飽きさせません。

それでも追い出したり、嫌ったりしない、ななの鳥への愛情が伝わってきて微笑ましくなります。

トキやカワセミが綺麗なのはわかるけど、カラスなんてゴミ袋を荒らす厄介者じゃん!と思うでしょうが、実は種類も豊富で奥深い生態や、黒い羽毛には隠された秘密があってと、知らないことだらけ。

マニアックすぎて伝わらない野鳥雑学や野鳥ジョークの掛け合いもクスリと笑えます。

普段、見過ごしていたスズメやハトも、これを読めば魅力的な美少年にみえてくるかも?

(「ストレンジラブ」/文=愛咲優詩)

醜い怪物と盲目の少女の恋の道程

  • ★★★ Excellent!!!

巨大な腐った林檎に100匹のミミズのような触手が絡み、体内には6個の謎の球体が浮かび、絶えず異臭を放っている。
そんな不気味な軟体生物に異世界転生した哀れな男がこの物語の主人公です。

まともに喋ることも出来ず、森のなかでモンスターに襲われ、人里に出れば化け物と騒がれて追い払われる。孤独な日々を過ごしていた彼に転機が訪れます。

ある日、村外れに住む盲目の少女ミーナと出会い、恋をする。

そして彼は決意する。「この子のストーカーになろう」と。

(注意:この話の主人公はロリコンで変態で童貞です)

「ドゥティ」と名付けられた主人公は、ミーナのためにモンスターを狩ったり、木の実を届けたり、話し相手や遊び相手になったり、お互いに孤独だった怪物と少女の素朴な交流が心温まり、目頭が熱くなります。でも、変態なんだよなぁ……。

村の人々から虐待を受けていたミーナを連れ出し、二人の冒険の旅が始まります。

目が見えないから好きになったのか。自分より可哀想だったから好きになったのか。恋に懊悩する怪物が見どころです。

この際、ロリコンでもいいから、ミーナちゃんを幸せにしてやってくれ!

(「ストレンジラブ」/文=愛咲優詩)

好感度マイナスからのラブコール。クズで外道な男の純愛物語

  • ★★★ Excellent!!!

陰キャで不良の男子高校生・水瀬が、学校一の美少女・天月萌香に恋をして、彼女と付き合うために陰謀を巡らせるというタイトル通りのお話です。

あらすじだけでは、不愉快な内容にも思えるのですが、アプローチの方法が実に独特です。

「外道な本性を知ってもらった上で付き合いたい」と、わざわざ彼女を傷つけ、あえて好感度を最低まで落としてから好きになってもらう努力をするという、腹黒いんだか、潔いんだかわからない水瀬の行動が興味深い。

もちろん、自分の恋愛成就のために他人を貶めたり、利用したり、人生を狂わせたりと、やっていることは犯罪行為ばかりで紛れもないクズ野郎です。

しかし、冷静沈着に悪事を企む黒幕のようで、実は突然の恋に戸惑って空回っているだけの普通の男の子の素顔が見えてくると、どうにも憎めません。

そんな彼に振り回されるヒロインの萌香は本物の魔法少女だし、義妹は人気なろう作家、地味なクラスメイトは人気Vtuber、親友は怪物と殴り合える謎の不良と、おかしな世界観でおかしな登場人物が繰り広げるバカ騒ぎが愉快なラブコメです。

(「ストレンジラブ」/文=愛咲優詩)