新作レビューでは、新規性に着目するようにしています。今までにない珍しいテーマや題材、組み合わせであったり、お約束を外したストーリーであったり、定番であってもより掘り下げたものであったり、最近の流行を取り入れたものであったりと、新しいと感じる要素は様々です。カクヨムで投稿数の多い異世界作品にしてもバリエーション豊富で毎回、新鮮な感動を味わっています。皆様にもその感動が少しでも伝わればと思い、今回の4作品もオススメさせていただきました。またこのレビュー担当も2年目に突入しました。これからもよろしくお願いします。

ピックアップ

音楽で世界を救えるのか。少女騎士とイケメン騎士のシンフォニー

  • ★★★ Excellent!!!

望まない結婚を強いる両親から逃れるため、聖騎士への入団試験に挑み、見事に合格を果たした貴族の少女ラシェル。けれどもラシェルが入団したのは剣や魔法で戦うのではなく、楽器演奏を専門にする風変わりな弱小部隊だった。思い描いていた仕事とはまったく違う音楽漬けの新生活に戸惑いながらも与えられた任務に奮闘する姿に勇気づけられました。

物語の舞台は空に浮かぶ大陸エンデ。大神殿には女神様がいて人々を見守っているという異世界ファンタジーの世界で、結婚して家庭に入るよりも自立を目指すラシュルの現代の女性らしい感性が新鮮です。

聖騎士といえば女神に仕え、剣術や武術の腕を振るって民を守るものというのが常識なのに、音楽で悪人や魔獣を改心させるという奇想天外な理想を掲げる音楽バカな団長アルベルト、クールで厳しい副団長サイラス、おまけにオネエ系な音楽講師と、ハンサムだが個性的な人々に振り回されながらも音楽と向き合って、次第に自分の仕事に誇りを持っていくラシュルの一途な実直さが初々しい。

より良い合奏をするには、お互いに信頼関係を築かなければと、変わり者の先輩たちとのコミュニケーションに苦心するところは、現代の新人社員のようで親しみがわきます。

世間でも、まさにこの時期、部署に配属され始めた社会人一年目の方も多いのではないでしょうか。「こんな仕事とは思わなかった」、「上司と意見があわない」など、仕事で悩みを抱える人に是非読んで欲しい作品です。

(新作紹介 カクヨム金のたまご/文=愛咲優詩)

年の差970歳カップル!? アラサー男と喪女ドラゴンのお試し同棲生活

  • ★★★ Excellent!!!

年齢=彼女いない歴のアラサー男アンセルは、ついに300回目の失恋を迎え、藁にもすがる思いで噂に聞いた「願いを叶える龍」の召喚に成功する。ところが「嫁が欲しい!」というアンセルの言葉を、ドラゴンのヴァイスは自分への求婚として受け取ってしまい、なし崩しで成立してしまった人間とドラゴンのカップルが巻き起こすドタバタが笑いを誘います。

凄腕の冒険者でありながら惚れっぽくて女性にフラレてばかりのアンセルと、千歳を超えて男性経験ゼロのヴァイスの非モテをこじらせた者同士の悲哀が胸に刺さる。

意外にもヴァイスには脈アリだが、人間に変身すると10歳くらいの幼女にしか見えなくて、ロリコンではないアンセルの落胆ぶりには同情。もうこの際、ロリコンでもいいじゃん。ロリババアなら合法だよ、やったぜ!

まずは「お試し」の関係からヴァイスと一緒に暮らし始めるアンセルだけれど、好みの女性と出会えるとヴァイスの前でも口説き始めるから呆れてしまう……お前そういうとこだぞ。

ドラゴンとして強大な魔力を持ち、おまけに人間社会の常識なんて知る由もないから行く先々で騒動を起こすヴァイスの天然ぶりが可愛らしく、毎度フォローに奔走するアンセルの悪戦苦闘ぶりが可笑しいラブコメです。

(新作紹介 カクヨム金のたまご/文=愛咲優詩)

スーツは正装それとも貧相? 異世界の騎士と学ぶ紳士服の文化史

  • ★★★ Excellent!!!

祖国を救うため現代日本から勇者を召喚していた青年騎士アルスターは、召喚魔法の事故によって現代に飛ばされてしまう。銀座で老舗の仕立屋を営む少女・市松巴と出会ったアルスターが、現代のファッション文化に驚愕する姿が面白く、中世の騎士とスーツという組み合わせが絶妙でした。

異世界の住人が現代にやってきてしまう、いわゆる「逆召喚もの」も最近は定番になりつつありますが、異世界人が異世界より進んでいる現代の文化を盛大にダメ出しするパターンは珍しい。

現代の正装であるスーツも、中世のお洒落感覚をもつアルスターにしてみれば、装飾もなく色や柄にも乏しい粗末な服装に見えてしまい、「そんなものが着れるか!」と頑なに反発すればするほど、若者文化に批判的なお年寄りを相手にしているかのようで可笑しくなってきてしまう。

そんなアルスターでも伝説の職人と称された祖父の手ほどきをうけた天才少女・市松巴の神業とも言える仕立て技術は認めざるを得なくて、彼女の元でスーツのトレンドを学んでいくところが興味深い。

私たちが普段から着ているけれども意識しないスーツの魅力を再発見できました。

果たして騎士アルスターはスーツの価値を認めて着てくれるのか。もし着せるとしたら何がいいだろう。やはり王道はスリーピーススーツだろうか。そういう想像も楽しい作品です。

(新作紹介 カクヨム金のたまご/文=愛咲優詩)

付き合う条件はゲームを教えること。可愛い女の子とのゲームライフラブコメ

  • ★★★ Excellent!!!

ギャルゲーに興味がある女の子・笹田優美に告白して玉砕したゲーマーの主人公・安齋智樹。付き合う条件として彼女が満足するまでゲームを教えることになり、友達以上恋人未満な奇妙な交際が始まる。イチャイチャなゲームライフがもどかしくも楽しいラブコメでした。

ゲーマーなら作品を読んで一言、「わかる」以外の感想はいらないだろう。めっちゃわかる。

ゲーマーは恋人が欲しいんじゃない!
一緒にゲームをプレイして女の子と盛り上がりたいだけなんだ!(断言)

優美さんのような可愛い女の子と好きなゲームのストーリーやヒロインの魅力ついて思う存分語り尽くせるなんて、羨ましいやら妬ましいやら。

そして初心者相手に自分の推しゲーを布教して同じ趣味のゲーマーに染め上げる。これもゲーマーにとっては美味しいシチュエーションです。

数多くの名作タイトルから次はどれを勧めようかとあれこれ考える時間も楽しいし、それで相手に感謝されて敬意を持ってもらえるのだから最高です。

言いかえると、あまりに一般世間から認められなさすぎて、その程度で満足感を覚えてしまうのがゲーマーの悲しい性である……作者さま、よくおわかりで。

昨今のギャルゲ事情もわかる、ゲーマーのツボを押さえた作品です。今後はギャルゲ以外のゲームもプレイさせて欲しい!

(新作紹介 カクヨム金のたまご/文=愛咲優詩)