誰でも分かる!小説の書き方入門 カクヨム編

作者 青い鴉

199

82人が評価しました

★で称える

レビューを書く

★★★ Excellent!!!

話の内容が明瞭で何を伝えようとしているのかがとてもよくわかりました。
上から目線での解説や注釈等が多い中、初心者の視線でわかりやすく説明を行なって下さりとても助かりました。
誰もがぶつかるであろう壁に、どういう手段で超えていくのか、考えさせられるヒントになりました。
これから先、躓く事が多々あると思いますが、その度にこの書き方入門編に立ち戻りたいと思います。

★★★ Excellent!!!

行き当たりばったりで、「あっ、これいけんじゃね??」って思ったものをすぐ書き始め、数話書けたらすぐ投稿してしまうのが、私の悪い癖。完結の目処など全く立っていないのに、です。
そしてどれも長編前提という。このノリでいったら、完結するとしたら100話ぐらいになるかな~、なんかどれもこんななんです。

十万字以下の短めの作品を完結させること、これの練習しないといけないんですね……。根本的なスタイル見直しの必要性を感じさせられました。

★★★ Excellent!!!

自分の書いてた小説が、三人称多視点、要するに素人の書き方だというのが分かって、顔を覆って地面を転がりました。
はてしない物語や、ダレンシャンなど、それなりに本を読んでいたのに何も分かっていなかったんだなと、小説投稿して見たけどなかなか読んでもらえないとか、小説を書きたいと思った人は是非読んでみると良いです!

★★★ Excellent!!!

分かりやすく、小説を書く上で必要な最低限のことが網羅されていると思います。私なんかはちっともわかってなかったのだなぁとすっごく反省させられました(笑)
異世界モノ?は僕は書かないので、ちょっとカテゴリーに偏向した内容になってるとも思いましたが、概ね小説である限り通用する内容ではあるとも思いました。
よし!私はこれを超える書き方入門が書けるようになるまで頑張ろう!などと傲慢不遜なことを考えたってことは内緒に(笑)

★★ Very Good!!

 それは間違いない。
 それだけこの作品には基礎情報が詰まっています。
 これから小説を書こうかなと言う方は一度目を通しておいた方が良いですし、すでに書いている方はおさらいの意味で読んだ方が良い内容です。

 沢山の方法論がある中の一つの基礎であることを頭の片隅に入れてこの作品お取りください。

★★★ Excellent!!!

いろんな自分の時間を削って、プロットを考え、布団に入っていい付箋が思いつけば、布団を放り投げてまで机に向かいパソコンを起動する……そこまでして書いた作品、そこに登場するキャラクター、すべてに愛着がわくものです。
しかし、いずれはやってくる”完結”。
嬉しい反面、それ以上に寂しさもついてくるものです。
そうなると、「また、あの子たちを動かしたい!」「あの森でのボス戦を描きたい!」……なんて思考が巡ります。
プロローグに留まらず、番外編、外伝、と無理やりにでも続きを書いてしまいがちです。
しかし、ひな鳥が巣立ちする、子供が独り立ちするのと同じで作品も”完結”という段階を得て独り立ちするのです。
だらだらと書いてきましたが、この作品を読むことで価値観が変わります。
小説を書いてる方も、興味がある方も、まずはこれを読んでください。

★★★ Excellent!!!

小説の書き方に関してご指導頂いたので参考にさせて頂きました。おかげ様で少しは読みやすい小説なったと思います。
今まで自己満足でしか書いていませんでしたが、これを期に読者にも優しい小説を書こうと感じました。
また小説など初めて書いた身としては初心者向けの指針があると大変助かります。
今後、困った事があればまた参考にさせて頂きたいと考えおります。
それはさておき、参考になりました。ありがとうございます。

Good!

まず小説の筆力を云々する以前に、もっと基礎である国語力のアップが必要です。

少なくとも学生時代に(現役も可)「現代国語はまったく勉強しなくても美味しく点数を稼げたというレベルが最底辺」というくらいの、国語力は欲しい。

しかも筆者は文章力や筆力や描写力などの区別がついていないらしく、大変に「頭痛が痛い」はめに陥っています。

文章力は基礎だからあって当然。

描写力はいくらあっても足りない。しかもセンスも問われる。

アイデアさえ良ければ文章が多少劣っても読まれる?
それは不可能です。そんな文章をちゃんと読む人間なんんていませんし、そこまでしても許されるほど素晴らしいアイデアなどこの世に存在しません。

面白いマンガ家は絵が下手でもアイデアが面白ければ許される、とは大違いなのが小説書きです。マンガは一目でわかる絵ですが、こちらは内容を理解するに労力がずっとかかる文章なんですからね?

文章に上手過ぎるなんてことはあり得ないと心得ましょう。

他の部分は個人の見解の相違になるので言及は避けます。それぞれ自分に合ったやり方を追求していくしかないでしょう。

しかし、文章力は常に磨くことを忘れてはいけません。小説書きにとってはいわば商売道具。武士にとっての刀。商人の算盤。水泳選手の水着くらいに大事なもの。

良すぎるなんて、あるはずがない。そして正解もないものです。

読者へのもてなしの心で言葉を磨きましょう。

言葉へのセンスを鍛えることは、ゆめゆめ忘れることなかれ。

あと、小説作法の本を有名どころだけでいいので、いろいろちゃんと読んだ方が良いと思います。(というか有名どころ以外に読むべきものはないw)

★★ Very Good!!

すごーく初歩的な文章作法から構成法、
はたまたカクヨム的な表現術・処世術まで網羅された
小説の書き方講座です。

「あらすじは短く」などと実践的ですし
★やフォロワーについてまでも
言及されています。

私も、「……」ではなく「・・・」と
書いている人を少なからず見ていますし、
「?」や「!」の後ろが空いていない作品もありました。
気になる方は、読んで損はありません。

まだ連載中とのことなので、できれば
今後は表記についての項目をお願いしたいです。
(たとえば形式名詞についてなど)

★★★ Excellent!!!

心得やポイント、文章のお約束。
地の文や一人称、三人称。

入門と言いながら最低限ではなく、必要十分に抑えられ、それでいてわかりやすい。
あとで見返すのにも、目次の題名で必要なページがすぐわかり利便性が高く重宝します。

自分がいかに未熟だったのかも体系化されていてよくわか、りたくはなかったけどわかります。がんばります。

まだまだという人も、こなれてきたと自覚している方も、一読の価値ありです。

★★★ Excellent!!!

小説を書く中で押さえておかなければならない内容がまとめられていて、とても便利です。

さらに、描写力の向上など。
ずっと悩んでいたことだったのですが、絵画のスケッチに例えられていることで大変分かりやすかったです。

気になったところを中心に読ませて頂いていますが、個人的にはとても素晴らしいと思います!

また何か悩んだことがあれば、ぜひ参考にさせて頂きたいと思いました!