あとがき

あとがき

『デリバリー・ダブル』を読んでいただき、ありがとうございます。著者のつじはと申します。

 拙書は私の初めてのオリジナル作品です。

 世に出ている多くのノベルの真似をして、あとがきなんてものをやってみました。生意気に見えたらすみません。(笑)

 前からやってみたいなぁと思っていたオリジナル小説。その長編にチャレンジしてみました。


 実は自作ゲームのシナリオのつもりで書き始めたこの作品ですが、書き上がってみると「どうすりゃいいんだこれ……」といった感じに。

 まあ、これからいろいろ考えてみようと思います。


 自分で読み返したりしてみると、「世界がどうしてこうなったのか」などというミステリー色が強かったかも、なんて気がします。

 そのせいで色々矛盾とかあったらごめんなさい。何せ初ですから……。

 ジャンルに関しても、SFでいいのかどうなのか。

 次を書く機会があったらもう少しバトルとかを増やしたいかなぁ、なんて。


 ここまで書ききれたのは、ひとえにここを訪れてくれる読者の皆様のおかげです!

 不慣れで稚拙な文章にここまでお付き合いいただいて、ありがとうございました!

 自分の目指す文章。それに近づくことが出来るよう、これからも精一杯努力したいと思います。

 続きに関しましては、世界観的にはいくらでも可能かなーなんて思っています。そのあたりは、またあとで考えてみようかと。


 とりあえずこのお話はここで一旦幕を閉じます。


 この感謝をどう伝えればいいのか、自分の文章力ではまだまだ表現しきれないので感情を込めて最後の一行を全力で書きます。


 読んでくださって、本当にありがとうございました!




P.S.

恋愛ジャンルの方で真澄視点の番外編もやってます。

不定期更新ですが、本編と合わせてお楽しみいただければ幸いです!

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます

異科学飛脚とダブリーダブル つじは @tsujihaneta

★で称える

この小説が面白かったら★をつけてください。おすすめレビューも書けます。

カクヨムを、もっと楽しもう

この小説のおすすめレビューを見る

この小説のタグ