23/23.闇

 東(遠)ノ森トオノモリ。北大陸の東方、犬殻イヌガラたちが支配する大森林の奥。

 巨木が支配する静かな雪の森は、いまや地獄と化していた。

 無数の亡殻ナキガラ、いやそれは数えれば200あるはずだ。死んだ100のカラと、彼らが運んできた100の亡殻ナキガラ。そのすべてが、森に積もった雪の上に、虚しくさらされている。

 森を円形に切り開き、巨石を並べた環状列石。偽りの神殿。

 中心に据えられた、四角い祭壇。

 あの島で見た、あの時の地獄だ。

 ただ違うのは、円形の内側が青黒くなく、。猛烈な熱を伴う紅蓮の円が、列石の中を埋め尽くしている。

 りり……

 中心の祭壇、その上の空中に、あの時と同じ卵殻が出現した。100のカラと100の亡殻ナキガラが、蛻殻ヌケガラの魂を呼んだのだ。

 そこへ。

 すう、と上空から、何かが近寄ってくる。白く、丸い球体。

 気球だ。

 吊り下げた籠から、さらにロープが垂らされ、その先端に1人の猫殻ネコガラがぶら下がっている。

 女。そして祭壇の上に捧げられているのは

 ならば。

 「ああ……やっと!」

 猫殻ネコガラの女が、恍惚の表情で卵殻をとらえ、胸に抱きしめる。

 気球が上昇。と、偽りの神殿から、真っ赤な炎をまとった蛻殻ヌケガラが出現し、卵殻へ向かって上昇してくる。

 だが届かない。

 上昇の途中で力を失い、だあん、と、神殿へ落下する。

 だが猫殻ネコガラの女、一ノ鐘ファーストリンガーは、そちらを見もしない。もちろん、彼女が1人で殺戮した100のカラも、100の亡殻ナキガラも、一顧だにしない。

 ぱり、と卵が割れ、中からマヒトと同じ、男の赤子が現れる。その光景を、ひたすら魅せられたように見つめるだけ。

 卵の中に、古殻コカラ文字。一ノ鐘ファーストリンガーの目が文字を追う。

 「おおお……」

 現れた赤子を、優しく胸に抱きしめると、

 「私の子。そして神の子。貴方が世界を統べるのです」

 あらん限りの優しさで、一ノ鐘ファーストリンガーは呼びかける。

 

 「さあ、笑って『フヒト』。私の愛しい息子」


 真人マヒト不比等フヒト。そして2人の物語は。

 

 つづく

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます

殻鎖記紀《カラザイストリア》(1) 青木兼近 @sizuru

★で称える

この小説が面白かったら★をつけてください。おすすめレビューも書けます。

カクヨムを、もっと楽しもう

この小説のおすすめレビューを見る

この小説のタグ