22/23.終幕

 同時、一ノ鐘ファーストリンガーが飛び込んでくる。ざくん! 肉と、骨を切断する音。

 (糞!!)

 だが予想に反し、ウォードに傷はない。

 「ウォード!」

 ミーマの叫びで、とっさに振り返る。

 そこには、首のない獅子の蛻殻ヌケガラ

 そしてを恍惚として抱きしめる、一ノ鐘ファーストリンガーの姿。

 「がらら……ぐるるら……ぁ」

 じゃば、とまた失禁したようだ。愛する弟を、自分の手で殺す。それが無上の快感とは。

 だがウォードたちも、もはや彼女に構っている暇はなかった。

 ぎゅん!!

 今までとはケタ違いのスピードで、蛻殻ヌケガラ、いや械殻カイガラが動き出した。あわててしがみつくウォードの側に、ミーマも上がってくる。

 ざばああ!

 械殻カイガラが海へ出る。そして、

 ず、ず、ず、ぞぞぞぞ!!!!

 械殻カイガラの身体に、まるで渦を巻くように海水がまとわりつく。

 「ホ、おお!?」

 「にゃああ!!」

 械殻カイガラの骨にしがみついていたウォードとミーマにも、猛烈な量の海水が襲いかかる。械殻カイガラが、もの凄いスピードで海上を移動しているのだ。

「ミーマ!!」

 ウォードがミーマの身体をかばう。しかしゴリラの怪力をもってしても、水圧に抗しきれない。嵐の海で、浅瀬に取り残された海藻じみた気分。

 「がららぁ……」

 ざん!!!

 弟の生首を、愛おしげに撫でていた一ノ鐘ファーストリンガーが、水圧に弾き飛ばされる。ざあん!と、海に放り出され、荒波が渦巻く海中へと消えていく。

 「……ぐ!!」

 ミーマがウォードの盾を外す。が、これ以上、水圧には耐えられない。

 「くそあああああ!! マヒト、マヒトおおお、がぶっ!」

 叫んだウォードを波が直撃、しがみつくミーマとともに、械殻カイガラの背中から海へ放り出される。

 荒れ狂う海。ウォードの泳力をもってしても、泳ぎの不得手なミーマを抱え、島まで戻れるか。いや、そもそも島はどこだ。

 そしてマヒトは。

 万事休す。

 ぽす。

 「……あ?」

 「にゃ?」

 ウォードとミーマ、2人の身体は海に落ちない……どころか、なにか巨大なものに受け止められた。ところでミーマ、最近ネコの地が出過ぎではないか。

 「おう、危ねえとこだったな」

 大海原そのもののような、野太い声。

 そして白く、巨大な身体。その両手の上に、2人は助けられたのだ。

 「お……親父オヤジぃい! 」

 ウォードが、泣かんばかりに叫ぶ。

 「怪我は!? ご無事で!? 」

 「当たりめえだ……と、言いたいところだがよ」

 オヒーが、片目で2人を見る。『左目』だ。

 「助けられちまったなぁ大猿。おめえと、よめによ」

 見れば、まだ肩の辺りに生傷。薬が足りなかったか、治癒が十分ではない。オヒーが運ぶ渦潮紋ウズシオモンの一番艦『本丸・悪太郎ホンマルアクタロウ』には、彼のために大量の治癒薬が積んであるが、それでも足りないほどの怪我だったのだ。

 「親父オヤジ……すまねえ、俺は!」

 「もういい、置いとけ。そんな場合じゃなさそうだ」

 オヒーは、ウォードの言葉をさえぎる。

 「確かに掟は大事だ。だがお前の親父オヤジじゃねえ。そうだろうが?」

 ウォードたちは、オヒーの生命の危機を救った。今はそれでいい。

 政治も掟も、今、この荒海の真ん中には届かない。

 「だいたい、ありゃあなんだ? あんなモン、見たこたねえぞ」

 眉を寄せるオヒーに、

 「外法が呼んだカラだ。蛻殻ヌケガラとも、械殻カイガラとも、ムシともいうらしい」

 「ムシ!? アレがか!?」

 ウォードの説明に、オヒーが目を剥く。

 海へ出た械殻カイガラは、青黒い粘液の上に、さらに大量の海水をまといつかせ、いまや真っ青な細長い姿。


 まさに『蒼蟲アオムシ』。


 「親父オヤジ、俺の……が、あの野郎に喰われちまった!」

 ウォードが叫ぶ。

 「!? 息子って、あのチビか!?」

 ウォードがマヒトを『息子』と呼んだ、その時のミーマの表情を、誰も見ていなかったのは残念だった。

 それがどれほどに優しく、そして力強い笑みであったことか。

 「俺の息子を、野郎の中から取り戻す。が、それでも野郎は息子を追ってくる。野郎にとっちゃ、息子こそが魂なんだ」

 ウォードの必死さに対し、オヒーの目は優しいとさえいえる光を灯す。

 「言ってみな。おいらにどうしろってんだ?」

 その言葉の、なんと頼もしいことか。

 「親父オヤジが、野郎を押さえ込んでくれりゃあ……」

 「いいだろう。請け負った!」

 詳しい事情など聞こうともしない、これぞ五海無双。

 側まで来ていた『本丸・悪太郎ホンマルアクタロウ』に、ひょい、と片手を伸ばす。

 ずるり、と甲板から持ち上げたのは、なんと超巨大な『煙管キセル』だ。

 渦潮紋ウズシオモンの宗主に代々伝わる『喧嘩煙管ケンカギセル』の1いっかん。中でもオヒーがお気に入りのそれは、全長12メートル、太さは80センチという

 名を『海灯籠ウミドウロウ』。

 夜、海の真ん中でオヒーが吸い付ける煙管の火を、灯台と間違えて船が寄る、という都市伝説にちなむ。

 「おいらがねじ伏せてやる。おいらんとこまで寄せられるな?」

 「おうさ!」

 ウォードがミーマの手を握る。

 「頼むミーマ、力貸してくれ」

 答えは短いキス。そしてまた尻尾がひらり。ウォードがはむ、とその先を噛む。

 交渉成立。

 「兄貴、姐さん、乗れ!」

 シャチとサメ、2人の大殻オオガラが寄せてくる。

 「おう、頼むぜ兄弟!」

 ウォードがシャチにまたがろうとする。と、

 「あ、コッチはネコのあねさんで」

 「お?」

 逃げられた。じゃあサメにと思ったら、

 「いや、こっちもあねさんで」

 「……お前ら、後で話あんぞコラ!?」

 どうでもいい幕間は放っておいて、結果的にサメにウォード、シャチにミーマが乗る。

 「野郎の顎の下に、俺が空けた穴がある。狙いはそこだ!」

 「おうさ!」

 ウォードの指示、シャチとサメが、蒼蟲アオムシに向かって泳ぎ始める。蒼蟲アオムシが起こした凄まじい水流の中で、なお2人が振り落とされそうなほどのスピード。しかし2人に文句はない。

 マヒトを、息子を取り戻すのだ。

 ざん!

 蒼蟲アオムシに追いつく。シャチが一瞬速い。

 「がぁ!!」

 がきん!!

 ムシに負けぬほど凶悪な牙を生やした顎で、蒼蟲アオムシの喉元に右から食らいつく。

 じゃらららっ!!

 蒼蟲アオムシが暴れるが、離すものか。渦潮紋ウズシオモンの海戦ともなれば、彼らがみずから水底を潜り、敵の船の舵や、はては船底・竜骨まで《食いちぎる》。

 「しィ!」

 反対側の左から、一瞬遅れてサメ。同じく凶悪極まりない牙が、蒼蟲アオムシの喉元に噛み付いた。

 ぐん、と蒼蟲アオムシの速度が落ちる。シャチで500㎏超、サメなら1tを超えることさえある重量となれば、さしも械殻カイガラのパワーでも容易には振り切れない。

 「ぬああ!!」

 サメの背中から、ウォードが蒼蟲アオムシの頭に取り付く。最初の遭遇から数えれば、実に3度目。砕いた骨の隙間に、ウォードが噛ませた手鈎が残っている。それを手がかりに、またも顎の下へ食らいつく。

 だが今回は状況が厳しい。既に蒼蟲アオムシの皮膚と化した、大量の海水がウォードを襲う。

 (……くそ、長くは持たねえ!)

 猫目の法王を引っ張り出した、あの穴の下へ。その時だ。

 しっ!

 青黒い穴の中から剣。とっさにかわさなければ、脳天から串刺しにされていた。れた剣先が、ざく、とウォードの肩に刺さる。

 「一ノ鐘ファーストリンガー……!」

 剣に見覚えがある。まさにあの女の剣だ。

 (化け猫ババアが、いつの間に!)

 考えるより先に、ウォードの腕が動いた。剣で肩が裂かれるのも構わず、太い片手を穴に突っ込み、中の猫殻ネコガラをがっき、と捕まえる。中で暴れる気配があるが、そこはゴリラの握力、外れるものではない。

 「いい加減……」

 ウォードが足を踏ん張り、力任ちからまかせに腕を引き抜く。

 「しつけえんだよババア!!」

 ぬるり、と、青黒の粘液をまとわせ、一ノ鐘ファーストリンガーの身体が引きずり出された。片手には、いまだに弟法王の首。

 引き抜かれた勢いで、剣の先がウォードの肩へ、さらに深く刺さる。

 が、ウォードはそれでもひるまない。


 『ととさまの肩に、ルールーのばばさまがおられるのです』


 肩の荷ダコ、それはミーマの剣でも、そして一ノ鐘ファーストリンガーの剣を持ってしても、致命傷までは貫けなかった。

 「が……らら」

 一ノ鐘ファーストリンガーの不気味なつぶやき。

 (狂ってやがる!)

 ウォードが、あまりの不気味さに鳥肌を立てる。一ノ鐘ファーストリンガーの目は焦点を失い、ただ機械のように剣を握るだけ。

 ばきん!

 限界を迎えた細剣が、ついに真ん中からへし折れる。

 「ウォード!!」

 ミーマの声だ。ユキヒョウの身体をシャチの手にぶら下げられ、両手に双剣。

 「やっちまえ、ミーマ!」

 ぶん、とウォードが一ノ鐘ファーストリンガーの身体を投げ落とす。

 「ふーっ!」

 ミーマがシャチの身体を蹴って跳ぶ。

 「……ミーマ?!」

 瞬時、正気を取り戻した一ノ鐘ファーストリンガーが、折れた剣でミーマを迎え撃つ。だが、

 「終わりよ」

 ミーマの左剣が、一ノ鐘ファーストリンガーの右腕を肘から貫き、切断。同時に降った右剣が肩から胴へ、思い切り斬り下げた。

 「ひ……」

 一ノ鐘ファーストリンガーの顔が、ミーマも初めて見る恐怖に歪む。

 凄まじい血しぶき。

 だが、それでも弟の生首を離さず、千切れた右腕を口にくわえ、一ノ鐘ファーストリンガーが海に落下し、見えなくなった。空中のミーマも剣を捨て、そのままウォードの腕の中へ。そして眼下の海を睨みつける。

 「……やったか?」

 「……」

 ミーマの答えはない。常識で考えれば致命傷、しかもこの荒海だ。落ちて生き延びられるはずはない。しかし……海に消えるその瞬間まで、ミーマを睨みつけていたあの目。

 「そっちはいい、それよりマヒトだ」

 「ええ」

 2人は気をとりなおす。

 「声も聞こえねえし、手で探っても、なんにも……」

 「私が中に入る。足を支えて」

 ミーマが決然と言い放ち、言い終わった時にはもう、穴に両手をかけている。

 「おい、中はどうなってるか……」

 「そんなところに、これ以上マヒトを放っておけ、っていうの!」

 ミーマが怒鳴り返す。同時に尻尾を口にくわえ、深呼吸をひとつ。

 「脚を三回蹴ったら、引っ張って!」

 言い捨てると、

 するり。

 驚くほどあっさり、ミーマは穴に上半身を突っ込む。そのミーマの足を、ウォードが掴んで支える。

 びくん、と、ミーマの美脚が震えた。やはり中はまともな環境ではないのだ。

 「ミーマ、おいミーマ!!」

 びくびく、とあらぬ方向に暴れる脚を、ウォードは必死で支える。

 「だめだ……抜くぞ!」

 ウォードも水圧にさらされ、限界が近い。このままではマヒトどころかミーマまで失いかねない。

 ミーマは決して退かない。なら決断は自分がすべきだ。

 だが、その時だった。

 ぁぁぁぁぁ……

 「?!」

 穴の奥から声。

 ぁぁぁああああ!!!

 「マヒト!?」

 そして、

 げしげしげし!

 ウォードのほっぺたを、ミーマの脚が蹴っとばす。約束の3回。

 「おりゃあ!!」

 ずるり。

 「……づはっ!!」

 引きずり出されたミーマが呼吸する。だが目の焦点が合っていない。

 「ミーマ!」

 ウォードの呼びかけに、やっとミーマの目が戻る。

 そして穴に突っ込んだままの両腕を、慎重に抜く。

 「あ……あああああああ!!!!!」

 猛烈な泣き声。

 そしてマヒトの身体が、粘液を振り飛ばしながら現れた。一ノ鐘ファーストリンガーに奪われていた時は、低体温で危険な状態だったが、今は逆に元気。彼にとっては、械殻カイガラの内部の方が安全だったのか。

 だが、そんな疑いはどうでもよかった。

 「マヒト!!」

 ミーマが叫び、その体を抱きしめる。

 「マヒト!! おお、マヒトよぉ!!!」

 ウォードはもう、涙と鼻水でえらいことだ。

 だが水流が激しい。このままマヒトを海水にさらしておけない。

 「兄弟!!」

 ウォードの合図で。シャチとサメ、両方が一気に口を離し、ウォードと、マヒトを抱くミーマを乗せて蒼蟲アオムシを離れる。

 「追ってくるぞ!」

 「安心しな、兄貴」

 シャチがにやり。

 「追いつかせるものじゃねえ」

 サメの目が赤く染まる。

 どん!!

 ひときわ大きな水しぶきが上がり、2人の大殻オオガラは弾丸、いや、もはやビームとなって海を突き進む。

 そしてその先には。

 「……おう、ムシけら野郎。ここはおいらんちの庭だぜ?」

 渦潮ウズシオ霜鯨シモクジラ

 青い海にぬう、と突き出た白い巨体。片手には喧嘩煙管ケンカギセル海灯籠ウミドウロウ』。

 「ちったあ静かにしろや」

 ぶぉん! 振り下ろした煙管は、蒼蟲アオムシの頭蓋を真正面から海へ叩き込む。

 一撃。

 ざあ、と、身体に纏い付かせた大量の海水がなだれ落ちる。

 「ウチの息子が世話んなった、こいつぁその礼だ」

 ついでに、長く伸びた身体の真ん中へもう一撃。

 だぁああん!!

 渾身の力で叩き込んだ喧嘩煙管ケンカギセルに、蒼蟲アオムシの身体が両断される。もはや蛻殻ヌケガラだったとはいえ、なんという力か。5つの海を支配する、これが渦潮紋ウズシオモン宗主の力。

 青黒い粘液が、海へと溶けていく。械殻カイガラ蛻殻ヌケガラとなり、もう動かない。

 海に揺蕩たゆたう、その頭骨の上にウォードとミーマは立った。

 「おう」

 オヒーが、喧嘩煙管ケンカギセル海灯籠ウミドウロウの先端を、本丸悪太郎ホンマルアクタロウの甲板へと差し出す。

 途端、甲板の水兵たちが一斉に動き出す。船倉から引っ張り出した刻煙草きざみたばこの大袋を開け、スコップで火口へと詰め込んで、火をつける。この大煙管オオキセル一回分の煙草で、いったい何百人が煙草を吸えることか。

 ほう、ぷかあ。

 オヒーの口から、気持ちよさそうな煙が、輪になって吐き出される。そして、

 「よう、大猿」

 「何でしょう、親父オヤジ殿」

 「まあ、まずその頭の、下ろせや」

 鹿と、。まだウォードの頭に乗っていたのだ。だが今となっては猫殻ネコガラの悪事を暴く、重要な物証でもある。

 海の上、ぷかり、と煙管をくゆらせたオヒーが、なんとウォードに頭を下げたではないか。

 「おいらこそ、すまなかった。大猿……ウォード」

 「お、親父オヤジ!?」

 驚愕するウォードに、だがオヒーは静かに語りかける。

 「おいらは、お前の親父オヤジだ。なのに、悲しいことがあったら息子と一緒に泣いてやる、そんなことも忘れちまってた」

 「……!」

 ウォードの巨体が、動かない亡殻ナキガラの上に、文字通り崩れ落ちる。

 「おいらが、そうしてやってたらよ。おめえだって、外法なんぞに心揺らすこたあ、なかったろうに」

 「親父オヤジ! すまねえ! 俺は……俺は!!!」

 ウォードが泣き崩れる。

 シャチとサメ、そして悪太郎丸の紋族たちまでが、目の涙をこらえている。

 「キャルルと、ルールー。いい嫁、いい娘だった。……なあ、息子よ」

 「……!!!」

 ウォードはもう、声も出ない。

 大切な物を失った、その痛み・悲しみが尽きることはない。

 だが大猿・ウォードの苦悩と、それゆえの地獄の戦いは今、終わったのだ。

 そんな感動の場面、しかしなぜか一変。

 「お、おおおおお!?」

 悪太郎丸の甲板から大きな歓声。そして、ぴー! ぴゅー!と、口笛が鳴り響く。

 「?!」

 ウォードが顔を上げてみたら、なんとミーマ、濡れた法服の上半身を下着まで脱ぎ捨て、絞った下着でマヒトの身体を拭いて包み、自分は上半身裸という勇ましさ。しかも立ったままマヒトに授乳中。

 「お、おぃい!!!」

 ウォードが大慌てで両手を広げ、ミーマの身体を隠す。が、隠しきれるものでもない。

 「大猿、てめえ邪魔だ!!」

 「ウォードサン、独り占めはズルい!」

 甲板に鈴なりの男どもから黄色い、いやどす黒い声援が舞う。

 これにミーマ、悪ノリしたのかどうか。マヒトに乳を含ませながら、

 ぱちり。

 船に向かってウインクひとつ。


 うおおおおおおお!!!!!


 のぼせ上がった男どもが、次々に海へと身を踊らせる、大騒動になったのである。

 それを『左目』でみていたオヒー。左右のサメとシャチに、

 「……前のイルカ嫁もよ、たいがい女だったがなあ」

 煙管をもう一服。

 「今度ぁ、肝が据わるどころか、のが来たもんだぜ」

 そしてクジラとシャチとサメ、3つの顔を見合わせて、

 「大猿の野郎、ひょっとして、でもあんのか?」

 ささやきあったものであった。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます