英雄の娘として生まれ変わった英雄は再び英雄を目指す

作者 鏑木ハルカ

2,308

848人が評価しました

★で称える

レビューを書く

★★★ Excellent!!!

六英雄のレイドが魔神と相打ちし死んだ。神様の助けと誰かが転生の魔法をかけたおかげで転生した。ただし、仲間同士の夫婦の子で、TS(性転換)して女の子として転生した。
そこから現世の父親のような英雄をめざしながら仲間と共に成長していくはなしです。
個人的に気に入っているところは、
主人公が身近な女の子として転生したことが仲間にばれたときの羞恥で葛藤するところと白いのとそれに関係してる人の暴走やうっかりをするところです。
最初主人公は虚弱体質で戦闘はそこまでできないがチートなところはあります。

★★★ Excellent!!!

英雄から転生して女の子になった主人公の成長日記

個人的には主人公の弟子と幼馴染が仲いいのが好印象
ぜひともくっついていただきたい

主人公は能力あるんだけれどもやらかすことがしばしば
ニコルとして単独で挑んでやられたあとメンツのためだけに再び独力で挑み、結果として街を危険に晒し更には敵を取り逃がしちゃうあたりはもう目も当てられない
転移魔法も使えるようになったことだし独断独力での行動をなるべく控えてほしいものです

★★★ Excellent!!!

ここ最近の休日のほとんどを費やし、ようやくリアルタイムに追いつくことができました…(とは言っても時間にしたら10時間かからない程度かも?)。

しかしそれだけ、むしろそれ以上の価値がある内容の濃さ、面白さ!最高です。完結を楽しみに読んでいます。

自分のようにぶっ通しで読み続ける必要はどこにもありませんので、空き時間等を見つけて少しずつ読んでいくのが良いと思います(そうして段々と次の話を読みたくて仕方がなくなる…)。

★★★ Excellent!!!

この世界の、彼らの行く末を、ずっと見守っていたいと思わせてくれる作品。シリアスに寄り過ぎず、かつ甘ったるくなくてマンネリ化も避けられている、バランスのよい作品のように思います。既存のジャンルからよくもここまでユニーク性を出してきたなと舌を巻きました。ただし所々に黒塗りの高級車に追突しそうな言葉が散見されます。なんでなんですかねぇ……。
僅かな違いが有象無象へと突き落としてしまうようなバランスの妙技。ライトノベル好きはもちろん、ライトノベル界に名を挙げんとする人は一読すべき作品。

★★★ Excellent!!!

また主人公が転生して、俺TUEEEになるありきたりな展開になるのかなと思ったら、性別が逆転し、さらに前世の仲間の元に生まれるという全く新しいものでした。
最初から無双をするわけでもなく、虚弱な体質で、少しずつでも確実に成長をしていく姿を描いていて読みやすいし好感も持てます。
これからの展開が楽しみです

★★★ Excellent!!!

書店にて物色中、設定が面白そうだったので購入して読んだら、案の定面白かったです。あとがきを読んで『カクヨム』で掲載されているとしり、一気に読んでしまいました。早く続きが読みたいです。書籍続巻も待ちどうしいですね~。ニコルの成長した挿し絵も早く観たいです‼

★★ Very Good!!

転生はよくあるし、性別が変わることもよくあるけど、英雄で友人の娘というのは中々見ない。
成長していく様も面白く、文章も読みやすい。

ただ、話が進まない。いえ、進んではいるんですが、無駄に長い。
○○に行こう→1話
着いた→1話
泊まるところ決めよう→1話
くらい掛かる印象です。
日常回や説明回もいいですが、割合が多すぎて飽きてきます。
逆に少しでも長くキャラの生活を見ていたい人にはとてもお薦めです。

★★★ Excellent!!!

転生して心はそのままだけど前世が強すぎて今の身体がついてこなくて時々窮地に立つことがあるというのが、なんだか新鮮な感じがしました。
最近読み始めたのですが、物語も面白いし続きが気になりスラスラ読んでていつの間にかに追いついていました。
ニコルちゃんはもちろん、コルティナが可愛い。是非、漫画や小説にしてほしい。今後の展開も目が離せないです!

★★ Very Good!!

俺は六英雄の一人、レイド。六英雄で仲間のコルティナと依頼を受けた孤児院で、怪しげな儀式現場を目撃した。
召喚された魔神と相打ちになった俺は、目が覚めたら赤ん坊の女の子に生まれ変わってしまっていた!!

中略

待ってろよコルティナ。もうすぐ、レイドの姿でお前に会いに行くからな。俺は必ず。

★★★ Excellent!!!

嘗て共に戦った英雄の娘として生まれ変わった元英雄。
もうこの時点で気まずい事この上なし。そして色々な意味で苦労するだろうなという未来しか見えません(笑)
けれども彼は娘になっても、己の未来の為に切磋琢磨を繰り返して力を付け、時には友人達の力を借りて少しずつ成長していく。
転生の気まずさを描いたコメディっぽさもあれば、シリアスもあるので飽きずに読めて楽しめる異世界ファンタジー小説です。一度、試しに読んでみて下さいませ。

★★★ Excellent!!!

全体的には、とても素晴らしいですし、ニコルの性格と外見がいい方に誤解されてくのが面白いです♪
ただ、転生魔法は、転生したかの確認が出来ないと書かれてたのが、後にマリアは転生が成功したのを知ってたり、レイドが、クッキーを「この手の甘いものは好きじゃない」と言ってたのが、甘いもの好きになってたり、細かい矛盾が気になります💦
後、前にレビューにありましたけど、転生魔法は、結果的には、その体に入るハズだった魂を押し退けて、代わりに入るものなのですか?
後、全然別の作品ですが、筋肉や毛細血管も、糸の塊なので、敵が「操糸」で、主人公の体をズタズタに破壊するってのが、あったんですが、神様の言ってた最強ってこの意味じゃ………

★★★ Excellent!!!

弱き者を救うため、魔物と戦った主人公は、相討ちとなる。
だが、神の計らいで目覚めると、赤ちゃんだった。

意識は暗殺者、体は赤ちゃんと言う所が良いです。

赤ちゃん目線のかつての仲間が、双方の思惑の違いで面白いです。

しかも設定は女の子。主人公は、性別の違いまで体験する事になります。

目指すは、父? のような剛力の勇者。華奢な女の子? 、頑張る。