深緋の恵投(ふかきあけのけいとう)

作者 銀鏡 怜尚

読了後にタイトルが沁み入ります

  • ★★★ Excellent!!!

ようやく時間が取れたので一気読みさせていただきました。

作中で緋色の描写が出た時に、頂いたものは確かに深緋なのだとハッとさせられました。

知識量もさることながら、断片的な情報からそれらを結びつける解析能力に感心です。
居並ぶ医療用語は迫力があるかと思いますが、是非負けずに読んで頂きたい作品です。

次作品もあるとのこと、楽しみにお待ちしています。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

その他のおすすめレビュー

みづき あおいさんの他のおすすめレビュー 8