静かだけど暖かい、言葉では言い表せないような繋がりを感じた。

雨音みたいに言葉が静かに降ってきます。そして、静かに胸を打ってきます。
上手く言い表せないのが本当に惜しいんですけど、最初から最後まで文学的でどこか非日常的で、でもこんな世界どこかにあるんじゃないかって思わせてくれる、心に直接寄り添うような優しくて素敵な物語でした。
この作品でしか摂取できない栄養素があります。

その他のおすすめレビュー

夜海ルネさんの他のおすすめレビュー117