爽やかで切ない宝物の話

とても読みやすく、するすると最終話まで一気読みできました。
僕には祖父と電車に乗った記憶はありませんが、自転車の後ろに乗せてもらい、祖父の住む田舎町を巡ったことを思い出しました。
今はもう当時とだいぶ町並みが変わってしまいましたが、近いうちにあの時のコースを巡ってみたいなと思わせてくれる作品でした。

その他のおすすめレビュー

173号機さんの他のおすすめレビュー152