ひょっとしたら

 ジャンルでいえば、ホラーを中心に書かれている作家による、短めの中編小説。エピソードを適宜区切ってくれているので、非常に読みやすかった。ほかのジャンルもそうだが、ホラーはとくに、誤字脱字などがあると興醒めするが、その点、とても丁寧に書かれている印象。

 霊感のない男×呪物という組み合わせのアイデアもおもしろいし、話の展開もそつがない。
 良質なホラーと言えるだろう。一読あれ。

青切さんの他のおすすめレビュー1,502