転生ヲタク光秀、引きニート希望中:おまいら放せっ!俺は絶対に本能寺しないからな!勝手に陰謀めぐらすな!

作者 天のまにまに@偽光秀連載中

525

198人が評価しました

★で称える

レビューを書く

★★★ Excellent!!!

主人公の語りと会話文が軽妙で引き込まれます。
現代っ子らしい感覚で笑わせてくれる――って「現代っ子」っつー語彙がそもそも現代じゃないって?

一方で『真面目な連中の描写』(←この語感がすでに面白い)は本格派。
戦国時代のリアルが克明に描かれます。

戦国時代が好きな人も、学校で習ったな~くらいの知識量の人も、みんなが楽しめる新感覚☆歴史小説です!

★★★ Excellent!!!

【面白かった点】
ノリが軽いです。もちろん、それは悪い意味ではありません。
何せ光秀といえば、どこぞのサイコパス社長よりも鬼畜な信長によって、ブラック企業も真っ青な過酷な労働の末に、ついには謀反を決意した武将。
まともに描けば、労基仕事しろのシュプレヒコールが上がります。そんな凄惨な半生を記すには、これくらい軽やかな方が面白い。

【良かった点】
じゃあ、ウェブにありがちななんちゃって歴史小説なのかというと、たしかにスナイピングで義元を留めていたりと、ツッコミどころは多々あれど、この作者さんはきちんと設定考証しています。そこがとても良い。

【期待している点】
何せ桶狭間からスタートですから、まだまだ物語は始まったばかり。ここからどんなブラックぶりを光秀は軽快にかわして、スローライフを果たすのか。期待です。

★★★ Excellent!!!

戦国時代の知識は有名武将と大まかな時代の流れのみ、の私が読んでも読みやすく、面白い!!
歴史物への敷居をライフル銃をぶっぱなして壊してくれた作品です。

主人公の光秀くんの目的のぶれなさ、目的のためには手段を選ばないところ、権力に興味はないのに周りから外堀を埋められていく姿……、この面白さは読んでみないと伝わらない!!

まだページ数も多くないので、今のうちにチェックすることを激推し!!
今こそ、歴史の物語への扉を開く時。是非とも一読してください。物語とキャラクターの魅力に一緒に沼りましょう!!

★★★ Excellent!!!

歴史物でありながら、同時に異世界テンプレ転生物のような読みやすさと面白さを醸し出す本作。

本格的な歴史知識が土台にあるからこその知識チートに思わず唸ってしまいました。

いくつもの作品を見ましたが、そう言えばお市を嫁にする作品はいくつもありますが、まさか秀吉のあの人を寝取る(?)話は初めてな気がします。

見た瞬間に、ヤッチマッタ!と思ったとかは秘密です。
順当にチートっぷりを発揮しながら、このまま行くかと思わせつつ、少しずつ香る不穏な気配。

ここからどう展開していくのか、楽しみです。

★★★ Excellent!!!

歴史ものは難しい。明確な資料が残っている現実が下敷きになっているため、ファンタジーを書くように、世界観や習俗などを空想のみで書くわけにはいかない。
読むほうも同様に、それなりの知識や元々の関心が求められる。非常に敷居が高いジャンルなのだ――――――

っと思ったそこのあなた! この作品をぜひ読んでいただきたい。
序盤からグイっと引き込む、印象的なシーン。
時は1560年、時代は戦国、桶狭間。
伏したるは、明智光秀(実はその息子)と後の前田利家
狙うは、今まさに織田軍に攻め込もうとせん、今川義元の陣

彼らの目的は、もちろん義元の首
しかしその胸の内は
「義元の首を土産に勝ち組(予定)の信長に雇ってもらおー! それから適当に遊んで出世して、趣味に生きてやるぜ!」

というもので!?

主人公は、転生者で元現代日本人。現代人の感覚を残した彼の目を通す事で、世界観にスッと入りやすく楽しめる構成になっています。信長、秀吉、利家など、歴史の授業や、大河で知ってる武将たちが沢山出てくるので歴史ものにありがちな、『名前が覚えられないよ~』が無いのもいいですね。

元々歴史ガチ勢の作者様ですので、歴史ものが好きな方にもお勧めできる本作でござる。にんにん