身勝手な旦那様と離縁したら、異国で我が子と幸せになれました

作者 綾雅(りょうが)

1話目から読む

新規登録でもっと便利に!

ユーザー投稿作品やKADOKAWAの人気作品をもっと便利に読めます。

閲覧履歴

どこまで読んだか忘れても大丈夫。自動的に記憶してくれます。

更新情報

「フォロー」した作家・作品の更新情報がメールで届きます。

マイページ

好きな作品を管理できる、あなた専用の本棚ができます。

必要なもの

ユーザー登録(無料)に必要なのは、メールアドレスだけ! 登録は簡単です。

目次

連載中 全80話

更新

  1. 01.跡取り息子を産んだのに?
  2. 02.誰か私の息子を返して
  3. 03.娘なんて産んでないわ
  4. 04.お母様、私を助けて
  5. 05.勝手を通すだけの地位と権威
  6. 06.突然聞こえた赤子の泣き声
  7. 07.用意された気遣いが嬉しい
  8. 08.親は子のために何でも出来る
  9. 09.受け入れの準備が出来たみたい
  10. 10.思い知らせてやらねばならぬ――SIDE先皇
  11. 11.竜の尾を踏んだ国――SIDE国王
  12. 12.離縁手続きは順調に
  13. 13.不当に交換された赤子
  14. 14.お迎えは将軍率いる精鋭部隊
  15. 15.金の卵を産むはずだったのに――SIDE元夫
  16. 16.夫選びを失敗しただけ
  17. 17.大叔父様の腕の中で欠伸
  18. 18.家系図を覚えきれません
  19. 19.親子で同じことを言うのね
  20. 20.なぜこんな目に――SIDE元夫
  21. 21.話せば罪は軽くなる――SIDE誘拐犯
  22. 22.すべてが裏目に出た――SIDE元義父
  23. 23.夕食に遅れないように
  24. 24.オスカル様は紳士的なのね
  25. 25.子どもは無邪気で素直
  26. 26.セルラノ侯爵夫人でなくなる日
  27. 27.私の人生はこれからよ
  28. 28.今、まだって言った?
  29. 29.休日を台無しにしてしまうわ
  30. 30.この感情は恋じゃない
  31. 31.順調な旅の途中で遭遇
  32. 32.豪華すぎる野営
  33. 33.白亜の宮殿へ、ただいま
  34. 34.頂いた愛を我が子に注ぐ
  35. 35.皇帝陛下の謁見は和やかに
  36. 36.迷子になりそうな元宮殿
  37. 37.カルレオン皇室の光と陰
  38. 38.ナサニエルが熱を!
  39. 39.晩餐の延期で社交界デビュー?
  40. 40.ゆっくり休むのも母親の仕事
  41. 41.豪華すぎて規模が違う
  42. 42.俯くことはない、誇るべきよ
  43. 43.エリサリデ公爵家のお披露目
  44. 44.春祭りの誘いに心躍る
  45. 45.満足するまで踊ったのは久しぶり
  46. 46.愛称はエルに決まった
  47. 47.没落した侯爵の処分――SIDE先皇
  48. 48.罪人には相応の罰を――SIDE元夫
  49. 49.エルの周囲は笑い声が満ちる
  50. 50.わざと呼ばなかったのよ
  51. 51.ただ元気に育って欲しいの
  52. 52.大公家のお屋敷が建つらしい
  53. 53.時間は飛ぶように過ぎた
  54. 54.賑やかな街で行列を体験
  55. 55.存在しない家名と婚約者
  56. 56.スイーツより甘酸っぱい
  57. 57.私はここが一番好きです
  58. 58.お屋敷の予定地が決まりました
  59. 59.愚か者には相応の罰を――SIDE次期大公
  60. 60.子どもの成長は早いようで
  61. 61.夜会の招待状がまた届きます
  62. 62.花の妖精の出来上がり
  63. 63.リリアナは女騎士になりたい
  64. 64.大切なお友達との挨拶に和む
  65. 65.知らなかったで済まないのが貴族
  66. 66.一緒にいていいですか?
  67. 67.慣れたはずの部屋で震える
  68. 68.被害者か加害者か――SIDE父
  69. 69.いつか私を見て欲しい――SIDE次期大公
  70. 70. お姉様って呼べるのは秘密
  71. 71.温室で小さなお茶会を
  72. 72.壊れるのはいつも突然
  73. 73.もうエルの顔も見られないの?
  74. 74.こんなに一歩が怖いなんて
  75. 75.見えないから気づけることもある
  76. 76.我が願いを聞き届け給え――SIDE皇帝
  77. 77.全身に感じる木漏れ日の下で
  78. 78.なんて美しい人だろう――SIDE次期大公
  79. 79.あの子から奪わないでくれ――SIDE父
  80. 80.人の優しさが見えるようになったわ