神秘的な世界観に引き込まれる引き込まれる。

意図してか意図せずか、感情の描写が少なく、叙事詩調に物語が淡々と紡がれることで、主人公が運命に翻弄される姿が浮き彫りになっています。
ファンタジー小説としても、大河小説としても楽しめる一作です。

その他のおすすめレビュー

有明 榮さんの他のおすすめレビュー43