本の向こうの君に捧ぐ

作者 神原依麻

128

46人が評価しました

★で称える

レビューを書く

★★★ Excellent!!!

読ませて頂きました!
こちらは『交換日記』を中心に、ある二人の繋がりとその果てをめくり行く物語。前時代的舞台装置でありながら、現代的なテーマを読み手に強く印象付けさせます。微笑ましい日記が明らかにしていく新しい現実を、是非読み解いてみて下さい。

★★★ Excellent!!!

図書館で見つけたピンクの日記帳をきっかけに始まる、初々しい心の交流の物語。

メールやLINEでは出せない雰囲気です。
図書館まで行かなければ続きを書けない、読めない。そんなところも魅力だと思います。
文字で語るのは、時に言葉より気持ちを伝えられるかもしれません。

主人公たちと一緒に、広大な本の海を旅する船乗りに、あなたもなってみませんか。
ぜひご一読ください。

★★★ Excellent!!!

最後まで読み、キャッチコピーをもう一度目にした時ようやくこの意味がわかりました。このキャッチコピーは二つ意味を持っているのかなと。一つは考えすぎかもしれませんが、僕と同じくそう捉える方もいらっしゃるのではないかと思います。儚くも切ない短編を読みたい方はぜひ一度手に取ってみてはいかかでしょうか。