宇宙船が遭難したけど、目の前に地球型惑星があったから、今までの人生を捨ててイージーに生きたい

作者 水野 藍雷

この作品は下策…下策?違う、傑作だです!

  • ★★★ Excellent!!!

主人公のデタラメな口調がツボ。

導入部は完全なSFですが、すぐに中世ファンタジー世界と融合して、
独自の世界観を作り上げています。
SFと中世ファンタジーの融合は匙加減が難しいのですが、この作品はバランスが絶妙だと思います。

「宇宙人」と「ししょー」のコンビが深い森の中で引き籠りながら、お互いに影響を与えて成長し、外界のキャラクター達との交流を経て世界に徐々に関与していく様子が楽しいです。

今後の展開に期待大だです!

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

その他のおすすめレビュー

@iginobuさんの他のおすすめレビュー 31