宇宙船が遭難したけど、目の前に地球型惑星があったから、今までの人生を捨ててイージーに生きたい

作者 水野 藍雷

3,307

1,218人が評価しました

★で称える

レビューを書く

★★★ Excellent!!!

壮大な世界観を土台にキャラクターの一人一人が本当に生きているように感じられる。
深いストーリーを裏付ける細かな設定と納得できる理論付けが素晴らしい。
ここまで矛盾を気にしないで完全に物語の世界に没頭できる作品を作る作者は本当にすごい。
自分のようにライトな小説を読むと心の中でツッコミまくってしまう方達にぜひとも読んでほしい。

★★★ Excellent!!!

主人公のデタラメな口調がツボ。

導入部は完全なSFですが、すぐに中世ファンタジー世界と融合して、
独自の世界観を作り上げています。
SFと中世ファンタジーの融合は匙加減が難しいのですが、この作品はバランスが絶妙だと思います。

「宇宙人」と「ししょー」のコンビが深い森の中で引き籠りながら、お互いに影響を与えて成長し、外界のキャラクター達との交流を経て世界に徐々に関与していく様子が楽しいです。

今後の展開に期待大だです!

★★★ Excellent!!!

超科学文明の恒星間航行宇宙船がワープの事故で未開惑星に漂着し、パイロットのルディがAIのハルの助けを借りながら惑星探査をしていく物語。
まだ12話までしか読んでませんがメチャクチャ面白い。
翠星のガルガンティアが好きだった人なら絶対に刺さるのでオススメです。