北斎とお栄-その晩年

作者 海石榴

目の前に江戸が蘇る

  • ★★★ Excellent!!!

しっかりと考証がなされていることがわかります。登場人物のセリフ回しからも、江戸っ子のチャキチャキした気質が伺えます。滝澤馬琴と葛飾北斎、そして娘お栄の物語。ときに愉快だったり、しんみりしたり、江戸の情緒豊かな作品です。面白いのでお勧めです!

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

その他のおすすめレビュー

釣舟草さんの他のおすすめレビュー 237