受験前夜 ~おばあちゃんとカップ麺~

作者 無月弟

204

73人が評価しました

★で称える

レビューを書く

★★★ Excellent!!!

また数学の問題を間違えてしまった……明日こそ本番なのに……
煮詰まる主人公。そこに、おばあちゃんが持たせてくれた夜食を思い出します。

それは『赤いきつね』。
何時ものピンナップ。けれどそこには、ちょっとした訳がありました。

きっと今年度の受験生も大変でしょう。
だけどほんの少し、夜食を味わう瞬間だけでも。
先のことを考えるのはちょっとやめて、ご飯のあたたかさと、美味しさを味わってくださいね。

大丈夫。あなたと、あなたをよく知る人は、あなたの頑張りを知っているから。

★★★ Excellent!!!

受験前日、不安な夜を迎えたヒロイン。
彼女を励ますのは、お婆ちゃんが持たせてくれたおにぎりや赤いきつねです。
せっかちな孫を思いやるお婆ちゃんは、緑のたぬきを合格祝いに食べようとエールを送ります。
さて、お婆ちゃんが受験前夜に用意したのは緑のたぬきではなく、赤いきつねです。
それは何故か? その意味を知った時、いっそうお婆ちゃんの愛情を感じました。
心あたたまる、赤いきつねが食べたくなる作品です。

★★★ Excellent!!!

子供の頃キャンプに行ったのです。
なんの手違いか、赤いきつねはどっさり
ほかの食料はない。
毎食赤いきつねというひどいことに。
もう3回連続食べたら胃が受けつけなくなります。
以来わたくしはカップのうどん、そばは
どん兵衛しか口にしないと決めたのでした。

そんなわたくしには主人公の気持ちが理解できません。
おばあちゃん、どん兵衛にして!と
心の中で叫びましたよ。
小説と関係ねえ!

★★★ Excellent!!!

受験生にとって最強のお供、それはカップ麺です。勉強を頑張った後に食べる一杯は、疲れた体に染み渡ります。

本作で描かれるのは受験前夜。会場が家から遠いためビジネスホテルに泊まることは、受験あるあるですよね。女子高生の不安や頑張る姿に共感できます。

かつて受験勉強に精を出した皆さん、あの緊張感が懐かしく思えますよ。
これから試験を控えた受験生の方にとっては、プレッシャーの和らぐ物語になることでしょう。お婆ちゃんの愛情に包まれて、肩に溜まったものが消えていくはず。

赤いきつねができるまで、ゆったりとお楽しみください。

★★★ Excellent!!!

受験前夜。
主人公は宿泊先で祖母が持たせてくれた『赤いきつね』を食べます。
そして、祖母とのエピソードが語られるのですが……

主人公と祖母のエピソードにホッコリ。
そして『赤いきつね』推しなのかと思いきや、しっかりと『緑のたぬき』も描かれてて、こう来たか!と唸りました☆

物語とカップ麺が絶妙に絡まりあったステキな短編でした♪

★★★ Excellent!!!

「赤いきつね」「緑のたぬき」幸せしみるショートストーリーコンテストのために書かれた短編です。

 いつ、どこで食べても、いつもの味。それはたしかに強い味方です。


 でも、一番驚いたのは……、


 思いっきり商品名だしてもいいんだ!!!

 当たり前だけど。