優しさ小説「おばあちゃんと緑のたぬき」《応募作》

作者 木村れい

赤と緑のカップ麺みたいな、何気ない温もり残る記憶

  • ★★★ Excellent!!!

小学生だった時の想い出に残るインパクトの強いお婆ちゃん。
元お嬢様と言うのは意外でしたが、案外その後の接客商売の方が性分に合っており、生き甲斐だったかもしれません。
飾らない人柄と、その言葉は、後々の僕にも、きっと良い影響を与えたのでしょう。
一流レストランで食べなくても、二人で笑いながら食べた緑と赤のカップ麺は、何よりも美味しかったのかもしれません。
硬質で高級な物に囲まれるよりも、こんな何気ない日常と共に呼び起こされる想い出の方が、温かく懐かしく思えるものです。



  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

その他のおすすめレビュー

月花さんの他のおすすめレビュー 575