いずれのまほろば

作者 烏目浩輔

妻の見た夢には。

  • ★★★ Excellent!!!

 武蔵野の森を散策する一組の夫婦。主人公である夫は、妻の病を受け入れて生活してきた。森を散策中にも、妻は病のせいで眠ってしまう。
 妻はその夢の中で、大きな岩の塊のようなものを見たという。それは、とても楽しいところだったようで、妻は機嫌がいい。
 突発的に眠ってしまう妻と、それを優しく見守り、支える夫。
 それは遠い昔のこと――。

 果たして、妻が見た夢の正体は?
 時代軸を利用した、時を超えた物語。

 是非、御一読下さい。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

その他のおすすめレビュー

夷也荊さんの他のおすすめレビュー 936